【講座のお知らせ】 ライブ音声ガイドボランティア養成講座


シティ・ライツ事務局 平塚です。

埼玉県で、7月20日〜の毎週火曜日、
檀さんが講師をつとめる「ライブ音声ガイドボランティア養成講座」が行われます。
ライブの音声ガイドを教えている講座は、日本で唯一、この講座だけだと思います。

ライブ音声ガイドのボランティア活動をしたい。という方も、
日頃、視覚障がい者のガイドヘルプでうまく情景や映像を解説できずに困った方
なども、この機会に是非、受講してください。

以下、講座の詳細です。
このメールはコピー・転送許可いたします。
お知り合いの方々に是非お知らせください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

■ライブ音声ガイドボランティア養成講座

視覚障がい者へ映画の様子を伝えるライブ音声ガイド。
音声ガイドがあれば、目が不自由でも晴眼者と同じように映画を楽しむことがで
きます。
あなたの可能性を音声ガイドボランティアとして活かしてくれませんか?

開催日時:7月20日(火)〜 8月31日(火) 毎週火曜日(全7回)
午後1時  〜  午後4時  (講座最終日8月31日は午前10時〜午後4時)

第一回 オープン講座 「ライブ音声ガイドってどんなもの!?」
7月20日(火)  定員50名  参加費 500円 (要申込)
※20名(定員を超えた場合は、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、鳩山町に
     お住まいの方を優先とし、抽選にします。)

場所:坂戸市福祉センター 2階 会議室 (坂戸市石井2327−6)
   [href] http://sakadoshakyou.jp/sakado......tml[/href]
対象者:講座修了後、活動に参加できる方、自宅でDVDが視聴できる方
参加費:3,000円 学生1,000円(保険代別途)
講師:檀 鼓太郎 氏(俳優、演出家)

申込期間:7月15日まで

お申込み・お問合せ:
川越市社会福祉協議会   電話 225−5703  FAX 226−7666
坂戸市社会福祉協議会   電話 283−1597  FAX 289−3911
鳩山町社会福祉協議会   電話 296−5296  FAX 296−3866
鶴ヶ島市社会福祉協議会  電話 286−5739  FAX 287−0557

ライブ音声ガイドとは?

こんなみなさん!ぜひご参加を!
音声ガイドとは、視覚障がい者に視覚的な情報を補うナレーションです。
登場人物、場面の状況、情景など目で見る情報を言葉で説明し、
視覚障がい者の想像力を高める手助けをします。
映画のライブ音声ガイドは、ナレーターが映画館の映写室からスクリーンを見て
映画のガイドを行い、その音声をFM送信機から発信します。
視覚障がい者はその電波をFMラジオでキャッチし、イヤホンで聞きます。
映画を自分の言葉で伝えたい!楽しみながら人の役にたちたい!
映画が好き!しゃべるのが好き!俳優や声優を目指したい!
という方のお申し込みをお待ちしております。

講師紹介
 檀 鼓太郎 氏(俳優、演出家)

東京都出身。三船芸術学院卒業。
TV番組制作に係った後、舞台俳優に。劇団みなと座を経て、現在フリー。
2000年より、ミュージカル「夢果てるとも〜無冠のドン・キホーテ」に、
サンチョ・パンサ役で全国巡演のほか、新星日本交響楽団との共演による
「兵士の物語」(カザルスホール)、川越フィルハーモニーとの共演による
「ピーターと狼」(川越市民会館)などの“音楽劇”の語り/演出なども手がける。
2002年より、朗読ワークショップ《Doku-Dan》を開講。
2003年より、演劇活動の合間に、“語り”の技術を生かした
ライブ音声ガイド・ボランティアとして活躍。
これまで劇場で解説した作品は53本。
障害者福祉会館でのDVD鑑賞を加えると、のべ120本以上の作品を、
すべてライブの解説で行っている。

主催:声なびシネマわかば
社会福祉法人川越市社会福祉協議会
社会福祉法人坂戸市社会福祉協議
社会福祉法人鳩山町社会福祉協議会
社会福祉法人鶴ヶ島市社会福祉協議会

協力
視覚障害者と仲間の集まり・いどばた
川越市視力障害者福祉協会
坂戸市視覚障害者の会
鶴ヶ島視覚障害者の会 アイネット
鳩山町視覚障害者の会 はーとあい
シネプレックスわかば、
バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティライツ
カテゴリー: ボランティア募集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。