【シアター同行鑑賞会】 『『海難1890』』


イベント:
【シアター同行鑑賞会】 『『海難1890』』
日時:
2015年12月26日(土曜日)
場所:
〒176-0001
東京都, 練馬区, 練馬4-15-20

西武池袋線・都営大江戸線豊島園駅ヨコ

詳細:
皆さん、こんばんは。めーたんです。

先日仮告知をお送りした『海難1890』ですが、Tジョイさんがどうしてもイベント
と重なってしまい、年内の開催は難しいとのことで、急きょ、としまえんさんにお願
いすることになりました。
というわけで、前回の作品紹介を貼り付け、その後に告知詳細を貼り付けますので
、皆さんどうぞ奮ってご参加くださいませ。



【『海難1890』イントロダクション(公式ページより)】
「なぜ あの時、トルコは日本を助けてくれたのか。」
日本・トルコ合作 映画「海難1890」

アジアとヨーロッパにまたがるトルコ共和国。かつてオスマン帝国として歴史に名
を刻んだこの国と日本は、長きにわたって交流を深めてきた。日本トルコ友好125周
年を迎えた今年、両国の絆(きずな)の深さを映し出す、史実を基にした物語が映画
となって誕生する。
1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」は帰
国の途中、和歌山県樫野崎(現:串本町)で台風に遭遇し、船が大破して沈没。乗組
員600名以上が嵐の海に投げ出され、500名を超える死者を出す、当時としては世界最
大規模の海難事故となった。このとき荒れ狂う海で生命の危機にさらされたトルコ人
を目の当たりにした地元住民たちは、台風の高波の中に身を投じて漂流者を助け上げ
るなど、献身的な救助活動を行った。これによって乗組員69名の命が奇跡的に救われ
たのである。見ず知らずの外国人を、命がけで助けた彼らの行動はトルコ国民に感銘
を与え、トルコの教科書にも取り上げられて後世まで伝えられている。そしてこの救
命活動こそが、トルコと日本が友情で結ばれる原点となったのだ。
それから時を経た1985年3月。イラン・イラク戦争が長期化する中、サダム・フセイ
ンはイラン上空を飛行する航空機に対して48時間後に無差別攻撃の開始を宣言。各国
が救援機を飛ばして自国民を脱出させる中、日本はイランへの定期便を持っていなか
ったこともあって救援機の派遣を即断できない状況にあった。テヘランに残された邦
人は300名以上。刻一刻と攻撃までのタイムリミットが迫る。緊迫した事態を打開す
るため、イランにいた邦人は官民一体となってトルコへ日本人救出を依頼。その申し
出を受けたトルコのオザル首相の英断により、救援機がテヘラン空港へと向かった。
このとき空港に集まっていた215名の日本人は、攻撃の2時間前にテヘランからの脱出
に成功。その陰には自国機が到着したのにもかかわらず苦境に立つ日本人の搭乗を優
先させてくれた、トルコ人たちの真心があった。
困難な状況の中にあって名誉や見返りも求めず、ただ目前の人を救おうと行動を起こ
した125年前の日本人たちと30年前のトルコ人たち。その勇気と誠意を映し出した真
実のドラマが、日本の外務省後援、トルコ政府全面協力という国家的支援を得て、壮
大なスケールの合作映画として描かれている。

【キャスト】
内野聖陽(うちの せいよう)、ケナン・エジェ、忽那汐里(くつな しおり)、
アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦(おざわ ゆきよし)、
宅間孝行(たくま たかゆき)、夏川結衣(なつかわ ゆい)、永島敏行、竹中直人
、笹野高史(ささの たかし)、ほか。

【スタッフ】
脚本 : 小松江里子(こまつ えりこ)
音楽 : 大島ミチル
企画・監督 : 田中光敏(たなか みつとし)


【鑑賞会詳細】
劇場:ユナイテッド・シネマとしまえん
鑑賞作品:『海難1890』
企画:めーたんと大輔
ハイブリッド・音声ガイド:大輔
受け付け担当:めーたん

日時:12月26日(土曜日)お昼前後の回を予定。 (時間は12月22日火曜日決定)
集合:上映開始一時間前に、西武池袋線豊島園駅改札、
もしくは、都営大江戸線豊島園駅改札
持ち物: FMラジオ、鑑賞料 1000円。(晴眼者も一律。20名に達したら800円)
ガイド方式: 音声ガイドはライブの実況で行います。
ご自身のFMラジオをご持参いただいた場合は、
周波数88.5MHzに合わせてください。
ラジオの貸し出しも無料で行います。当日お申し出ください。

申し込み締め切り:12月23日(水曜日) 24時


【申込方法】
以下の内容に従って、メールでお申し込みください。
※晴眼者の方には、視覚障害者と一緒に映画を楽しむ誘導ボランティアとして、
ご参加いただきます。

件名に
『海難』申し込み
と書いて
宛先は同行鑑賞会専用アドレス
doukou@citylights01.org
(clickすると、件名と下記転記した状態でお使いのメールソフトが立ち上がります)


▼本文に以下1~6の項目を明記してください。
1:お名前(ハンドル名でも可)
2:参加人数(視覚障害者と晴眼者の内訳、性別も)
※ 例:3名(晴眼者女性2、視覚障害男性1)
3:誘導の要・不要(晴眼者の方は、「誘導ボラ」とお書きください)
4:集合場所(西武線・大江戸線)
5:ご本人の携帯番号(緊急連絡のため)
6:お茶会参加の有無
※お茶会とは…映画鑑賞後、劇場近くのカフェなどで、
お茶やごはんを食べながら感想などを語り合います。
参加は希望者のみ。会費制ではなく、各自、注文したものを精算する形式です。


【お知らせとお願い】
1.参加申込をされた方へは12月24日までに受付確認メールを差し上げます。
何も連絡がない場合、見落としがあるかもしれないため、
以下までご連絡ください。
doukou@citylights01.org
または、
シティライツ事務局 03-3917-1995(午前9時 17時まで)

2.携帯からお申込みになられて、メールの受信拒否設定をご使用の方は
受付受理のメールが届くよう、以下のアドレスを受信可能な設定にご変更ください。
YIV01420@nifty.ne.jp

では、お申込みお待ちしてまーす♪
カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。