【シアター同行鑑賞会】 『『GODZILLA』(ゴジラ)』』


イベント:
【シアター同行鑑賞会】 『『GODZILLA』(ゴジラ)』』
日時:
2014年9月7日(日曜日)
12:55
場所:
品川プリンスシネマ
詳細:
劇場: 品川プリンスシネマ(tel.03-5421-1113)
日時: 9月7日(日曜日) 上映時間:12:55
集合:上映開始1時間前に、JR品川駅 中央改札口の前
鑑賞料 1000円。(晴眼者も一律)

鑑賞作品:『GODZILLA』(ゴジラ)』

作品情報(映画公式HPより)
「最高の恐怖」「極限の絶望」「ゴジラ復活」

■全世界待望のハリウッドゴジラ
1954年の誕生から60年。日本が世界に誇る"キング・オブ・モンスター"
「ゴジラ」が、ハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって現代によみがえる。
製作するのはワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ。
両社は『インセプション』などの最先端映像を生み出し、「バットマン」を
『ダークナイト』として大人気シリーズに再生させるなど、作品のクオリティと
興行を両立させる近年最強の製作チーム。
日本に先がけ5月16日より世界各国で公開された本作は、北米での公開3日間
集計で約95億円、全世界での興行収入は約200億円に達するという記録的
大ヒットを成し遂げた。
(6月16日現在、61の国と地域で公開週末ランキングNo.1を達成!)

■テーマは「リアル」
今、我々の人智をはるかに超えるゴジラが現れたら・・・
ゴジラにどう向き合うのか? 対抗する手段はあるのか?
我々は何を感じ、何を為すのか?とてつもなく大きな脅威に直面したときに
人間が見せる勇気と、互いの違いを乗り越えて団結していく姿をパワフルな
ストーリーの中で描く本作。徹底的にシミュレーションを重ね、
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のハリウッドきっての名脚本家も
交えたチームがストーリーを練り上げた。それはもちろん、怪獣映画の枠を超えた、
人間が主人公の家族のドラマである。
撮影においては、現実では不可能なカメラの位置や動きを極力排除することで、
迫真性をもたらす映像表現を創り出し、リアルを追求した。

■キャスト・スタッフ
フォード・ブロディ:アーロン・テイラー=ジョンソン
芹沢猪四郎博士(せりざわ いしろう はかせ):渡辺謙(わたなべ けん)
エル・ブロディ:エリザベス・オルセン
サンドラ・ブロディ:ジュリエット・ビノシュ
ヴィヴィアン・グレアム:サリー・ホーキンス
ウィリアム・ステンツ司令長官:デヴィッド・ストラザーン
ジョー・ブロディ:ブライアン・クランストン
監督:ギャレス・エドワーズ

【申込締切】
9月3日(水曜日)24時
※参加を予定している方は、速やかなお申し込みにご協力お願いいたします!
※集合場所以外の待ち合わせは対応することができません。ご了承ください。

【申込方法】
以下の内容に従って、メールでお申し込みください。

件名に『ハリウッド版ゴジラ』申し込み、と書いて
宛先は同行鑑賞会専用アドレス
doukou@citylights01.org
(clickすると、件名と下記転記した状態でお使いのメールソフトが立ち上がります)


▼本文に以下1~5の項目を明記してください。

1:お名前(ハンドル名でも可)
2:参加人数(複数人数で参加の方は、視覚障害者と晴眼者の内訳)
3:誘導の要・不要(晴眼者の方は、誘導ボラ または、見学参加)
4:ご本人の携帯番号(緊急連絡のため)
5:お茶会参加の有無
※お茶会とは・・・劇場近くのレストランやカフェに予約します。
会費制ではなく、各自注文したものを精算する自腹制です。

【お知らせとお願い】
1.参加申込をされた方へは鑑賞会2日前までに受付確認メールを差し上げます。
何も連絡がない場合、見落としがあるかもしれないため、
以下までご連絡ください。
doukou@citylights01.org
または、
シティライツ事務局 03-3917-1995(午前9時~17時まで)

2.携帯からお申込みになられて、メールの受信拒否設定をご使用の方は
受付受理のメールが届くよう、受信可能な設定にご変更ください。

以上、ご参加お待ちしています
カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。