だれでも楽しい映画会ー2013年・立教大学バリアフリー映画上映会ー


イベント:
だれでも楽しい映画会ー2013年・立教大学バリアフリー映画上映会ー
日時:
2013年12月15日(日曜日)
13:00
場所:
TEST
詳細:
シティライツ事務局 平塚です。

今年も、立教大学で「だれでも楽しい映画会」が開催されます。
立教大学の学生たちが心をこめて、手作りでお届けする、バリアフリー上映会です。
シティ・ライツも音声ガイドづくりに協力していますので、
是非、是非、足をお運びください!!

参加費無料・お申し込み不要です。
一般の方の参加もお待ちしています。

※「志木駅」「新座駅」から大学までの誘導案内を希望される視覚障害の方のみ、
下記のお申し込み方法に従って、立教大学ボランティアセンターまで、
お申し込みください。

------------------------------------------------------------------------

日時: 12月15日(日曜日)
会場: 立教大学新座キャンパス8号館N8B1教室
東武東上線「志木駅」から徒歩15分、バス約10分
JR武蔵野線「新座駅」から徒歩25分、バス約10分
MAP:http://www.rikkyo.ac.jp/access/niiza/direction/

上映作品: 『天地明察』
上映時間: 13:00会場 14:00開映 17:00終了予定
鑑賞料: 無料

◎バリアフリー対策
音声ガイド、手話通訳、文字通訳、最寄り駅から大学までの誘導案内
お子様連れの方もお気軽にご来場下さい。
※音声ガイドは会場にスピーカーで流れますので、ラジオは不要です。

【上映作品】

『天地明察』(2012年/日本映画)
監督:滝田洋二郎 <主演> 岡田准一、宮崎あおい ほか

[あらすじ]
今から400年ほど昔の江戸前期、将軍の御前での対局も認められている碁打ちの名家・
安井家に生まれ、好奇心旺盛で自分の好きなこと以外には目もくれない算哲は、
夜空の星を眺め、算術の設問を解くおとに限りない喜びを感じ、形式ばかり重んじる、
囲碁の勝負に興味を失い始めていた。そんな矢先、若き将軍・家綱の後見人である、
会津藩主・保科正之の目に留まった算哲は、ある大事業のリーダーに抜擢される。
それは、庶民の生活に深く浸透していた「宣明歴」(中国から伝わり800年もの間、
使われていたため、2日ほどのずれが生じていた)の誤りを正し、新しい暦をつくるという、
大がかりなものだったのである。当時は星や太陽の観測には、
膨大な時間と労力を必要とし、暦の編纂に関わるすべての利権は朝廷が握っていたため、
この計画の前途には、重苦しい暗雲がたれ込めていた。
持ち前の誠実さと探究心を糧に、そしてかけがえのない友や家族に支えられ、
算哲の果てしなき挑戦が、今、はじまる…。


*ご来場に際して*
○上映中のストレッチタイム○
車イス利用者は長時間同じ姿勢をとると疲れてしまうため、ストレッチや体位変換が必要です。映画上映会では、上映途中で約10分のストレッチ休憩をはさみます。皆さまもご一緒にいかがでしょうか。

○食堂は閉まっています○
上映会当日は日曜日のため、新座キャンパスの食堂は使用できません。
軽食やお飲み物は各自ご用意ください。なお、休憩スペースとしては使用できます。

*飲み物は校内の自動販売機でご購入できます。
*西武バス、バス停「立教前」近くにスーパーマーケットがあります。


【申込方法】

◎目の不自由な方、車イスをご利用の方へ
・サポート環境の調整と鑑賞スペース確保のため、車イスご利用の方、
また最寄「志木駅」「新座駅」から大学までの誘導を希望される視覚障害の方は、
事前にお申込くださいますようお願いします。
※誘導希望なしの参加の場合は、お申し込み不要です。

[申し込み締め切り] 12月6日(金) 17時まで。

【お申し込み/お問い合わせ】

立教大学ボランティアセンター(新座キャンパス)
TEL 048-471-6682
Email:volunteer@rikkyo.ac.jp

【主催】
立教大学キリスト教教育研究所(JICE)
立教大学ボランティアセンター
【運営】
立教大学バリアフリー映画上映学生実行委員会
http://rikkyo-bfmovie-web.jimdo.com/
【協力】
バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ
立教大学しょうがい学生支援室
立教新座高等学校
【後援】
新座市・新座市社会福祉協議会


以上。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。