「ローマの休日」de 音声ガイドについて考えよう!公開モニター会


イベント:
「ローマの休日」de 音声ガイドについて考えよう!公開モニター会
日時:
2013年2月10日(日曜日)
10:00
場所:
北とぴあ 4F 北区NPO・ボランティアぷらざ
詳細:
シティライツ事務局 平塚です。

今年3月に行われる調布映画祭2013で、
久しぶりに、「ローマの休日」のバリアフリー上映を行います。

「ローマの休日」といえば、2003年10月。
今はなき、新宿のテアトルタイムズスクエアで、
デジタルリマスター版が上映されるというので、
音声ガイドと字幕朗読の録音を行って鑑賞会を行った、
シティライツ史にも刻まれる、名作中の名作です。

あれから10年近くの歳月を経て、
当時の音声ガイドを聴き直してみると…
「へぇ~この頃は、こんなガイドを作ってたんだー」
と、自分でもビックリ。
今では、NGとしているような、ちょっと言い過ぎじゃ?と思う表現もあれば、
「これもアリかな?」と、思うようなところもあったり。。

これは、いい叩き台になるぞ!と思いました。


音声ガイドと一口にいっても、
ライブ実況型と、作り込み型では、だいぶ趣が異なります。

先日、久しぶりに、
自分でも、「王の帰還」のライブ実況ガイドをやってみて、
ライブ実況型のガイドというのは、
映画を今、まさに一緒に観ている“ガイド者”の存在が、
伝え方や表現にも、ダイレクトに出るもので、
これは「生物(なまもの)のガイド者と一緒に楽しむ映画」なのだな、と、
改めて感じました。

一方、作り込み型の音声ガイドというのは、
映画の面白さや、深さを伝えるためのツールではあるけれど、
ガイド者の存在を、極力、透明にして、
鑑賞者が、外側(他人)のフィルタを通さずに、
自由に、ダイレクトに、映画(作品)を鑑賞できるようにすること。
を、意識して作ってきたように思います。

作風によっても異なりますし、
まだまだ、音声ガイドも簡単に定義はできないものですが、
10年前は、まだその辺の事も、今よりあいまいだったように思うのですね。

そして10年たった今…
皆さんも、いろいろな音声ガイドを聴いたり、作ったりしてきて、
それぞれに、自分だったら映画とどう向き合いたいか?とか、
自分にとって、丁度よく、気持ちいい「音声ガイド」ってどんなものなのか?
を、漠然とでもなんとなく、持っていらっしゃると思うのですね。
それを、是非、伺ってみたいなと思いました。

そして、ガイド者のほどよい距離感とか、
映画の面白さや奥深さを伝える、粋な計らいというのかな…
それが、どういったものなのか?を、
皆さんと一緒に、探ってみたいと思いました。


そこで!
前置きが長くなりましたが…

今回、公開モニター会という形で、
2003年版の「ローマの休日」を叩き台に、
音声ガイドについて考える会を、企画しました。

日頃、音声ガイド勉強会やガイド制作に携わっている、
ボランティアやモニターさんなどの、創り手サイドの方だけでなく、
「いつも、ガイドを聴いているだけなんだけど…」という方にも。
視覚障害のある・なしに関わらず、
興味のある方々に、是非、ご参加いただき、
ご意見をいただけたらと思います。


■「ローマの休日」で音声ガイドを考えよう!
 公開モニター会

日時:2月23日(土) 10時~17時

場所:北とぴあ 4F 北区NPO・ボランティアぷらざ
 (JR京浜東北線 王子駅北口より徒歩3分
 東京メトロ南北線 王子駅 5番出口より直結)
 地図→http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map

集合:誘導希望者は、9時30分にJR京浜東北線 王子駅北口改札に集合。

定員20名

内容:
2003年版の「ローマの休日」音声ガイドを叩き台として聴いたのち、
引っかかる点や、気持ち悪いところ、イイ!と感じた表現など、
いろいろと、意見交換をしつつ、
音声ガイドのあり方を、皆さんと一緒に探っていきたいと思います。

【申込方法】

参加を希望する方は、
シティライツ事務局まで、お申し込みください。

件名に、「公開モニター会 参加」と書いて、
宛先は、シティライツ事務局
citylights@tokyo.email.ne.jp

本文に以下のことを明記してください。

1)お名前(ハンドルネームでも可)

2)視覚障がい者 or 晴眼者
  ※視覚障がい者の方は、さしつかえがなければ、
   現在の見え方や視覚体験の有・無などについて教えてください。
   晴眼者の方は、音声ガイド付き映画の鑑賞体験の有無や、
   制作経験を教えてください。

3)音声ガイドについて感じていること、求めていること、願いなどを、
 ご自由にお書きください。
カテゴリー: ボランティア募集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。