立教大学バリアフリー映画上映会「だれでも楽しい映画会」


イベント:
立教大学バリアフリー映画上映会「だれでも楽しい映画会」
日時:
2012年12月9日(日曜日)
場所:
立教大学新座キャンパス8号館N8B1教室
詳細:
シティライツ事務局 平塚です。

今年も、立教大学で「だれでも楽しい映画会」が開催されます。
立教大学の学生たちが心をこめて、手作りでお届けするバリアフリー上映会です。
シティ・ライツも音声ガイドづくりに協力していますので、
是非、是非、足をお運びください。

参加費無料・お申し込み不要です。一般の方の参加もお待ちしています。

※「志木駅」「新座駅」から大学までの誘導案内を希望される視覚障害の方のみ、
下記のお申し込み方法に従って、立教大学ボランティアセンターまで、
お申し込みください。
------------------------------------------------------------------------

日時: 12月9日(日曜日)
会場: 立教大学新座キャンパス8号館N8B1教室
東武東上線「志木駅」から徒歩15分、バス5分
JR武蔵野線「新座駅」から徒歩25分、バス8分
MAP:http://www.rikkyo.ac.jp/access/niiza/direction/
上映作品: 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』
上映時間: 14時〜17時 (開場13時30分)
鑑賞料: 無料

◎バリアフリー対策
音声ガイド、手話通訳、文字通訳、最寄り駅から大学までの誘導案内
お子様連れの方もお気軽にご来場下さい。
※音声ガイドは会場にスピーカーで流れますので、ラジオは不要です。

【上映作品】
『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(2011年アメリカ映画/吹替版)
監督:テイト・テイラー
主演:エマ・ストーン ビオラ・デイビス
[あらすじ]60年代前半の米国南部の町ジャクソン。
大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で、
旧態依然の人種差別が公然と行われている事にショックを受ける。
友人たちは皆結婚して家事も子育ても黒人メイドに任せっきりの暮らしに、
何の疑いも抱いていない。
進歩的で作家志望のスキーターはメイドたちの虐げられた実態を伝える本を書こうと決意するが、
失業や報復を恐れる彼女たちはなかなか重い口を開こうとしなかった……。

【申込方法】
◎目の不自由な方、車イスをご利用の方へ
・サポート環境の調整と鑑賞スペース確保のため、車イスご利用の方、
また最寄「志木駅」「新座駅」から大学までの誘導案内を希望される視覚障害の方のみ、
12月3日(月)17:00までにお申込くださいますようお願いします。
・志木駅・新座駅からの誘導を希望される車イス利用の方は、その旨合わせてお申込ください。
集合時間・場所など詳細をお知らせいたします。
連絡先:立教大学ボランティアセンター:03-3985-4651

◎より詳しい情報はコチラ
WEBサイト:http://rikkyo-bfmovie-web.jimdo.com/

【お問い合わせ】
立教大学ボランティアセンター
TEL:03‐3985‐4651
E-mail:volunteer@grp.rikkyo.ne.jp

【主催】
立教大学キリスト教教育研究所(JICE)
立教大学ボランティアセンター
【運営】
立教大学バリアフリー映画上映学生実行委員会
http://rikkyo-bfmovie-web.jimdo.com/
【協力】
バリアフリー映画鑑賞推進団体「シティ・ライツ」
立教大学しょうがい学生支援室
立教大学身体しょうがいしゃ(学生・職員)支援ネットワーク

以上。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。