【上映会のお知らせ】10月16日(火)『陽のあたる坂道』音声ガイド付き上映(調布 市グリーンホール)


イベント:
【上映会のお知らせ】10月16日(火)『陽のあたる坂道』音声ガイド付き上映(調布 市グリーンホール)
日時:
2012年10月16日(火曜日)
13:30
場所:
〒182-0026
東京都, 調布市, 小島町2-47-1

京王線調布駅中央口よりすぐ。南側階段をおりて右手の建物です

詳細:
日時:10月16日(火曜日)
場所:調布市グリーンホール(京王線調布駅南口駅前)
上映開始:13時30分〜/18時〜 の2回。(音声ガイド付き)
※各回30分前開場
鑑賞料:無料
主催:調布市文化・コミュニティ振興財団 協力:シティ・ライツ

【上映作品】
『陽のあたる坂道』(1958年/日活/209分/モノクロ映画)

太陽族の申し子として、センセーショナルに日本映画界に登場した石原裕次郎。
戦後派青年ならではのパワーと圧倒的な存在感で、
トップスターとなった裕次郎の、もう一つの顔が、伸びやかに育ったリベラルな若者。
作家・石坂洋次郎が、ジェームス・ディーンの「エデンの東」にヒントを得て、
裕次郎をイメージして執筆した読売新聞連載の同名小説を、
名匠・田坂具隆監督が映画化。
兄弟の確執。出生の秘密をめぐる相克。
そしてポジティブに人生を切り開いていく主人公。
裕次郎の若さ、ヒロイン北原三枝の清楚な魅力。チャーミングな芦川いづみ。
石坂文学の特徴で溢れ出すダイアローグ。
戦後の日活映画黄金時代を創り上げたスタッフ、キャストによる堂々3時間半の、
青春文芸ドラマの傑作。

※音声ガイドをお聞きになる方は、FMラジオをご持参ください。
周波数FM88.5MHzで音声ガイドをお聞きになれます。
(当日受付にてラジオの貸出もあります。)

※いらっしゃる方は、シティ・ライツ事務局までご一報いただけると嬉しいです。
調布駅からの誘導をご希望の方も、駅からご案内いたしますので、ご連絡ください。

★当日、ラジオの貸出や誘導のお手伝いをして下さるボランティアも募集しています。
お手透きの方、お近くの方がいらっしゃれば、是非、ご協力下さい!

以上、ご参加お待ちしています
カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。