第28回音声ガイド勉強会 参加者募集!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シティ・ライツ ボランティア通信 2011年7月25日(月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
今回募集するのは・・・
音声ガイド勉強会、平日クラス参加者の募集です。

8月5日(金)より、第28回音声ガイド勉強会(平日クラス)を開催します。
今回は、10月の調布シネサロンの上映に向けて、久しぶりに古~い日本映画。
石原裕次郎主演の『銀座の恋の物語』のガイドづくりに挑戦します。
経験者も未経験者も歓迎します。是非、お申し込み下さい。

□音声ガイド勉強会って何するの?

[音声ガイド]とは、テレビドラマの副音声に似た映画の視覚的な情報を補う
ナレーションです。目の不自由な方々は、映画の音や台詞を聴き、
映像を想像しながら楽しみます。その想像をより鮮明にするのが、
[音声ガイド]の役割です。
台詞の合間や場面転換などの短い時間制限の中で、
画像情報から何を選びとり、どのような言葉で表現するか?を考える
音声ガイドの台本づくりは、私たちに映画の見方と、
言葉のコミュニケーションを学ぶ機会を与えてくれます。
この勉強会では、課題作品の音声ガイドを分担で作成し、
みんなで音声ガイドが画面に的確かどうか考えていきます 。
複数の人と映画をじっくりと見ることで、映画の新たな見方がわかり、
自分が「見ているようで、見ていなかったこと」に気づくことができます。
また、言葉から受け取る情報を互いに確かめあうことで、
「言葉の美しさ・大切さ」を学ぶことができます。
映画がお好きな方、アナウンスやナレーション等に興味のある方も、
この機会に、音声ガイドづくりという新しい世界に、踏み出してみませんか?

・参加費:無料
・主催:バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ
・進行役:シティライツ代表 平塚千穂子

■  参加条件
・できれば半分以上の出席が可能な方。
・自宅でビデオまたはDVDを見ることのできる方。
・エクセルの使用が可能な方。(必須条件ではありません。)
 ※音声ガイドづくりは全く初めてという方も大歓迎です。

■場所:東京都障害者福祉会館
(JR田町駅より徒歩5分/都営地下鉄三田駅A8出口よりすぐ)
 地図→ http://www.minatoku-town.com/m……p/mn035337

■課題作品
 『銀座の恋の物語』(1962年/日本映画/94分)
 監督:蔵原 惟繕(くらはら これよし)
 出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、ジェリー藤尾、江利チエミほか

(あらすじ) 新進の画家、伴次郎は恋人、秋山久子との結婚を決意するが、
久子は交通事故に遭って記憶を喪失してしまい、伴次郎の前から姿を消す。
数年後ようやく久子を探し当てた伴次郎は、久子の記憶を取り戻そうと、
必死に努力を続けるが…。山田信夫と熊井啓の脚本は、
久子の記憶を取り戻すまでの過程に二重、三重のひねりをきかせ、
脚本構成の巧みさは、心憎いばかり!

■スケジュール

8月5日(金)13:00~15:00
初回ガイダンス :ガイドづくりの基礎と進行の説明・教材配布
※はじめて参加の方のみ。必ずご出席ください。
(日程があわない場合は個別対応いたしますので、ご相談ください。)

8月12日~9月2日 毎週金曜日 10:00~16:00
ガイド検討会:分担した音声ガイドを発表し、映像をみながら検討します。

9月16日(金) 10:00~16:00
最終チェック:仕上がった音声ガイドを全編通しチェックします。

10月18日(火) 14:30~/19:00~の2回
音声ガイド付き上映(調布市グリーンホール)
みんなで作った音声ガイドを、FMラジオでお聴きいただきます。

【お申し込み方法】

下記のページの申込フォームからお願いします。
http://www.ne.jp/asahi/city/lights/gaide-learning.html

定員に達し次第締め切らせていただきますので、
お早めにお申し込み下さい。

カテゴリー: ボランティア募集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。