チーム「RAINBOW」リポート(その1)

マッキーです。
 いよいよ、『第3回シティライツ映画祭』まで、3ヶ月を切った1月30日、
上映作品 『虹をつかむ男』の音声ガイド作りが始まりました。

 ジンジャーさんをチームリーダーに、サブリーダー・事務長
それに忘れちゃいけない、お目付け役のリーダーらが、率いるのは、
ガイド作りは今回が初めてという、新人さんたちばかり。
ナレーター・音訳者・役者・ボランティア・ライブガイド、というピチピチギャルたちに、
モニターを加えた総勢14名が、チームに集まりました。

早速チームリーダーから
「入れられるところには全部ガイドをいれる。」
手を抜くな!とばかりに、激がとびました。
それに呼応するかのように、担当以外の部分も、自分で作ってきたガイドを見ながら、
議論が白熱してきます。

どうにか予定時刻に終了。
外に出ると、もう真っ暗です。

プロ野球のキャンプイン目前に、ガイドチームは、始動しました。
そして開幕のころ、桜の花びらのごとく、チームは散っていきます。

たとえ散っても、総勢14名のチーム「RAINBOW」は、
映画祭向けて、2つの夢のアーチを、架けて行きます。


頑張るぞ!チーム「RAINBOW」

現在、コメントフォームは閉鎖中です。


-->