チーム「RAINBOW」リポート その3

マッキーです。
チーム「RAINBOW」のガイド作りも、3日目をむかえ新人さんたちも、だいぶ雰囲気に
慣れてきました。
多くの方が自分のガイド担当の発表が終わって、肩の荷を下ろして気が楽になったと、
いうこともあるのでしょうか。
 
今回、『虹をつかむ男』の中で、もっとも難しいシーンのガイド作りとなりました。
というのも、映画の中の劇場「オデオン座」で、ミュージカル『雨に唄えば』が
映し出されるからです。
それも西田敏行さんと、映画の中のジーン・ケリーが、交互に出てくるのです。

ご存知のように、この『雨に唄えば』は、映画祭で『虹をつかむ男』の後に、上映されます。
映画祭の上映作品に、まず『雨に唄えば』が決まり、映画の中に1シーンが映っていると
いうこともあって、『虹をつかむ男』の上映が決定された経緯もありました。

ミュージカルのダンスシーンは、今までのガイドの作り型と違ってきます。
テンポよくいかないと、リズムにのれません。
難関であるミュージカルのガイドに、挑むのは、初めてガイドを作る新人さんです。
当然かもしれませんが、始めに作ったこのシーンのガイドは映像がどうなっているのかが、
よく伝わってこずに、全面的に書き換えを命じられました。

皆さんどうしたらよいのか、困惑しながらも、
最終的には大変苦労した甲斐のあるものに、できあがりました。

『雨に唄えば』のガイドは、あのダンさんが、ライブで行なうのです。
ダンさんのガイドを聞いたことも無い新人さんが、『雨に唄えば』のダンさんへ、
映画への想いを込めて、つなげて行きます。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。


-->