第3回シティライツ映画祭の声優オーディションリポート

映画祭実行委員のまつだです。
少々遅くなりましたが、
12月23日に映画祭での上映作品「雨に唄えば」の声優オーディションが行われましたので、
当日の様子をリポートしたいと思います。

参加者は13名。男性3名、女性10名。
まず、平塚リーダーより、
「映画祭における声優は、ボイスオーバー形式(役者本人の声も聞かせる形)なので、
邪魔になりすぎないようにしてください」
という説明に続き、オーディション作品である「雨に唄えば」をダイジェストで観ながら、
課題に使うシーンの説明がありました。

参加者を前にオーディションを説明するリーダ立ってオーディションを受ける男性、目の高さにあるテレビに向かい、発声する。奥に、机で聞き入る審査員の姿

それから実行委員メンバーであり、今回の審査員でもあるテッチャンから皆さんにエールが送られ、
参加者間でジャンケンをして、順番を決めて、オーディションが始まりました。

オーディションは、順番がくるまでは隣室で待機し、
自分のひとり前のメンバーが受験している間に、オーディションルームに移動して、
前の人のを聞きながら心の準備をする、という流れでした。

オーディションルームではテレビモニターの前にスタンドマイクが設置され そこで字幕を読み上げるセッティングがされていました。 女性は、3パターンの人物、男性は数名の声を読み分けるパターン1と 1人の人物のパターン2で、3つのシーンが用意されていました 皆さん のびのびと声を出し、それぞれの個性でオーディションを楽しんでいて、 横で聞いていて、とっても出来上がりが楽しみになりました! 実際の参加者のオーディション後にインタビューをしたので、ご紹介します。 最年少男性Oさん やってみてどうでした? 演技の経験はないので、役によって変えるのが難しかった。 演じている俳優の声から外れないようにしたい。 ズバリ何役狙い? ①ドン ②コズモ テレビに向かい、マイクに発声する男性Oさん キュートな声のMさん やってみてどうでした? 面白かったです!ずばりリナ役狙いです!楽しそうだから。 ピンクの服で後ろに手を結びマイクに発声する女性Mさん 字幕読み初挑戦の女性Oさん いきなりテンションが高い人ばかりだったので、難しかった。 何に気をつけるか、を考える余裕はなかったです。

ズバリ何役狙い?の質問に、
目立たない程度の端役がいいです、 と控えめなお答えでした〜 セリフの紙と画像を見ながらマイクに話す字幕読み初挑戦の女性Oさん また、今回は視覚障碍者メンバーからも参加がありました。 女性受験者が読むのを後ろで聞きながら、点字でセリフをメモして、その場で練習をし、 本番では、別の参加者が読み出しのタイミングを、肩を叩いて教えるという方法で行いました。 バッチリ読めてましたよ〜 点字でセリフをメモする視覚障碍者メンバー黒い服の参加者と一緒にマイクの前で練習するメンバーテレビとマイクを前に本番。黒の服の参加者の手がメンバーの肩にある。息もばっちりです 最後に、審査員席にいた視覚障碍者のお二人からのコメント テッチャン 皆さん抑揚をつけていて上手でした。素人とは思えない。 スムーズにいくことが期待できます。 映画祭実行委員長でもあるノンちゃん それぞれの個性が出ていました。 どういう配役になるかが楽しみです。 オーディション中、参加者の声に真剣に聞きいる審査員たち

収録は1月31日。全盲の女優・めーたんディレクターのもと行われる予定です。 誰がどの役をやるのかも、シティライツ映画祭の大きな楽しみの1つです。 皆さん、乞うご期待!

現在、コメントフォームは閉鎖中です。


-->