操作レビュー:僕等がいた(前篇)

どうも、DVD調査隊のみみすけです。
今年も残りあとわずかですね。
明日は雨は晴れるかな。

この年末年始は音声ガイド付きDVDを鑑賞するのも
たのしいかも。
是非参考にしてください。

● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・調査隊担当者の感想
・調査隊よりお知らせ
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
製作年:2012年
製作国:日本
監督:三木孝浩(みきたかひろ)
原作:小畑友紀(おばたゆうき)
脚本:吉田智子(よしだともこ)
音楽:松谷卓(まつたにすぐる)
主題歌:Mr.Children(ミスター・チルドレン)
出演:生田斗真(いくたとうま)、吉高由里子(よしたかゆりこ)、
高岡蒼甫(たかおかそうすけ)、本仮屋ユイカ(もとかりやゆいか)、
小松彩夏(こまつあやか)
配給:東宝、アスミック・エース

★製品内容
DVD発売日:2012年09月28日
販売価格:3,990円
時間:123 分
販売元:東宝
音声:1 日本語5.1ch ドルビーデジタル
     2 日本語音声ガイド2.0ch ドルビーデジタル

●作品の概要
小畑友紀のベストセラー少女コミックスを生田斗真と吉高由里子主演で実写映画
化した青春ラブ・ストーリー。本作は前後篇の前篇。北海道の高校を舞台に、運
命に翻弄されながらも純愛を貫く一組の男女の瑞々しくも切ない恋模様を綴る。
共演は高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。監督は「ソラニン」の三木孝浩。

<ストーリー>
北海道の釧 路。高校2年の新学期。天真爛漫でごく平凡な女子高生・高橋七美は
人気者の矢野元晴と出会う。最初は意識していなかったものの、いつしか心惹か
れていく。 ある時彼女は、矢野の親友・竹内匡史から、矢野は死別した恋人と
の過去を引きずっていると打ち明けられる。それでも矢野への想いが抑えきれな
くなっていく 七美は、ついに告白し、そんな七美に矢野も少しずつ心を開いて
いくが…。

● パソコンでの操作手順
DVDを入れると自動的に本編が再生され、
その後に音声ガイドに切り替えるタイプです。
音声ナビ(操作を案内するガイド)は付いていません。

★メディアプレーヤー
DVDが動き出し、しばらくすると、
HAKUHODO DY media partnersのロゴ画面とサウンド(約5秒)が聞こえます。
続けて、SHOGAKUKAN DVDのロゴ画面とサウンド(約20秒)が聞こえて、
さらにTOHO Visual Entertainentのロゴ画面とサウンド(約15秒)が聞こえます。

(注)レンタル版では、この後に「僕らがいた」プレゼントキャンペーン画面や
DVD/映画などの新作紹介が、合計11本入っています。
(この部分は、ショートカットキーCTRL+F操作でスキップ可能です。)
新作紹介最後の「今日、恋をはじめます」が終わったタイミングで、
以下のように再生を一時停止して、音声ガイドモードに切り替えてください。
(Ver.11、12はエスケイプキーを一回押して下さい。)

再生を一時停止します。
(ショートカットキーは Ctrl+P です。)
オルトキーを押し、メニューバーから、
再生、オーディオおよび言語トラックと進み、エンターキーを押します。
(日本語(日本) チェック」と聞こえます。)
下矢印キーを一回押し、
日本語(日本)と聞こえたら、エンターキーを押します。
(選択肢は、日本語(日本)・日本語(日本)・既定値の三つです。)

再び再生します。
(ショートカットキーは Ctrl+P です。)

以下のように音声ガイド付きで鑑賞できます。

東宝 株式会社
アスミックエース
小学館 創業九十周年 記念企画

広い空を覆う雲の隙間から光が差している。
「この、ずっと続く空の下、今どこにいますか。
今日は誰と会い、どんな話をして、どこへ行きましたか。
最後に私を思い出したのは、いつですか。」
屋上にたたずむ、二十代前半の女性。
「今、誰を愛していますか。」
長い髪が風に揺れる。
見上げた空をカモメが飛んでいく……。

★WinDVD
DVDが動き出し、しばらくすると、
HAKUHODO DY media partnersのロゴ画面とサウンド(約5秒)が聞こえます。
続けて、SHOGAKUKAN DVDのロゴ画面とサウンド(約20秒)が聞こえて、
さらにTOHO Visual Entertainentのロゴ画面とサウンド(約15秒)が聞こえます。

(注)レンタル版では、この後に「僕らがいた」プレゼントキャンペーン画面や
DVD/映画などの新作紹介が、合計11本入っています。
(新作紹介の部分は、Page Downキー押し操作でスキップ可能です。)
新作紹介最後の「今日、恋をはじめます」が終わったタイミングで、
以下のように再生を一時停止して、音声ガイドモードに切り替えてください。

再生を一時停止します。
(ショートカットキーは スペースキー です。)
アルファベットの「A」を押します。
下矢印キーでオーディオメニューと発声、
下矢印キーで「日本語 チェック」と発声、
さらに下矢印キーで次の「日本語」を選びエンターします。
(選択肢は二つです。)

再び、再生します。
(ショートカットキーは スペースキー です。)

以下のように音声ガイド付きで鑑賞できます。

東宝 株式会社
アスミックエース
小学館 創業九十周年 記念企画

広い空を覆う雲の隙間から光が差している。
「この、ずっと続く空の下、今どこにいますか。
今日は誰と会い、どんな話をして、どこへ行きましたか。
最後に私を思い出したのは、いつですか。」
屋上にたたずむ、二十代前半の女性。
「今、誰を愛していますか。」
長い髪が風に揺れる。
見上げた空をカモメが飛んでいく……。

(参考:レンタル版新作紹介等のタイトル)
 1.僕らがいた プレゼントキャンペーン
 2.オールウェイズ 三丁目の夕日 '64
 3.映画 ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル・アドベンチャー
 4.ロボジー
 5.日本列島 いきものたちの物語
 6.逆転裁判
 7.アニメ 名探偵コナン 11人目のストライカー
 8.LIAR GAME REBORN(ライアー ゲーム 再生)
 9.ラブレイン(韓国DVD)
 10.終の信託(ついのしんたく)
 11.今日、恋をはじめます

● DVDプレーヤーでの操作手順
DVDが動き出し、しばらくすると、
HAKUHODO DY media partnersのロゴ画面とサウンド(約5秒)が聞こえます。
続けて、SHOGAKUKAN DVDのロゴ画面とサウンド(約20秒)が聞こえて、
さらにTOHO Visual Entertainentのロゴ画面とサウンド(約15秒)が聞こえます。

(注)レンタル版では、この後に「僕らがいた」プレゼントキャンペーン画面や
DVD/映画などの新作紹介が、合計11本入っています。

新作紹介最後の「今日、恋をはじめます」が終わったタイミングで、リモコンの
音声切り替えボタンをゆっくり2回押して、音声ガイドモードに切り替えてくだ
さい。
(1回目は音声切り替えモード表示、2回目のボタン押しで切り替え操作となりま
す。音声ガイドが流れてこないときは、再度音声切り替えボタン操作をしてくだ
さい。)

以下のように音声ガイド付きで鑑賞できます。

東宝 株式会社
アスミックエース
小学館 創業九十周年 記念企画

広い空を覆う雲の隙間から光が差している。
「この、ずっと続く空の下、今どこにいますか。
今日は誰と会い、どんな話をして、どこへ行きましたか。
最後に私を思い出したのは、いつですか。」
屋上にたたずむ、二十代前半の女性。
「今、誰を愛していますか。」
長い髪が風に揺れる。
見上げた空をカモメが飛んでいく……。

●パッケージ説明
画面上半分には、向かい合って顔を寄せ合っている男女の横顔の写真。
左側に、目を閉じてうつむいている七美(ななみ:吉高由里子)。
髪をアップにまとめて、横から落ちないように小さな髪留めを二つ耳の上に留め
ている。
右側、うつむく七美の頭に額をつけてうつむく背の高い元晴(生田斗真)。
濃い緑の上着を着て、七美と同じように、祈るように目を閉じている。

元晴の背中あたり、画面の右に大きな青い字で縦書きにタイトル
「僕等がいた 前篇」
「等」の点が星のようにとがった十字になっている。
前篇は丸で囲われている。

タイトルの少し左側、画面では元晴の腕に被るような位置に
白い小さな文字で3行にわたって、

それでも、
永遠だと
信じたかった-。

とある。

横顔のアップの写真は、画面の真ん中でぼやけて下半分には、駅のホームの写真。
ホームの真ん中あたりから、線路の先を写している。
全体にセピア色の写真で、線路の先が光で白くなっている。
中央に、出発した列車が小さく、ちょうどホームから離れたあたりにいる。
その右側、遠ざかる列車を追いかけるように、ホームの端まで走っている七海の
小さな後姿。

画面の下側、ホームの写真の上に、6行にわたって白い文字でキャストとスタッフ。

1行目 大き目の字で
生田斗真 吉高由里子

以降は小さめの文字。2行目~5行目
高岡蒼佑 本仮屋ユイカ 小松彩夏 柄本佑
須藤理彩 麻生祐未
主題歌:Mr.Children
前篇「祈り~涙の軌道」後篇「pieces」(toy's factory)

6行目。一番下にかなり小さな文字で1行に
監督:三木孝浩 原作:小畑友紀『僕等がいた』(小学館「月刊ベツコミ」連
載) 脚本:吉田智子 音楽:松谷卓
とある。

●DVD調査隊担当者の感想
原作は10年に渡り連載された少女漫画、累計発行部数1000万部以上だそうです。
(だから何!)
原作も映画化されることも全く知りませんでした。それがどうしたみたいな感じ
で作品を見始めました。登場人物の設定は高校生、関係もクラスメート、
イケメン男子に惹かれていくストーリーと普通に話が進んでいきます。学校の教
室、屋上、校庭、行事などエピソードを重ね、話が進んでいくとそれぞれに恋愛
の喜怒哀楽が上手く表現されているようで作品に徐々に引き込まれていきます。
(ドップリ)
主人公の高橋七美は矢野を好きになります。矢野は過去に事故で彼女を失い、心
に傷を負ってます。七美はその傷を癒やしてあげようと寄り添います。その姿が
切なくてカワイイです!二人の間は取り巻く人たちで、なかなか進みません。
(アァー、もう!)
前篇を見終わる頃には、純粋な恋心で走り抜けようとする姿に涙し、青春の輝き
にエールしていました。いや、若いって良いですね。(ジジイのBR)

● DVD調査隊よりお知らせ
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
 しております。
みなさんからのご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社に届けていきま
す。「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか「こんな風にしてもら
えたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、何でも自由に教えても
らえませんか?

ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
 音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みにな
りますので、そちらもぜひお願いします。

ご意見、ご感想の宛先は
 dvd@citylights01.org
 までお願いします。

みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。