操作レビュー :パコと魔法の絵本

『パコと魔法の絵本』のDVDを音声ガイドで鑑賞するまでの手順などをお届けします。
 upがとっても遅くなってしまったので、 もうすでにごらんになられた方もい
らっしゃると思いますが、まだの方はこれを機にぜひ!!見てみてくださいね。

● 目次 ●
● 基本情報
● パソコンでの操作手順
★メディアプレーヤー
★WinDVD
● DVDプレーヤーでの操作手順
● パッケージ説明
● 担当者からの感想

●基本情報
『パコと魔法の絵本』(市販版)
監督 中島哲也(なかじま てつや)
主な出演者 
役所広司(やくしょ こうじ)、 アヤカ・ウィルソン、 妻夫木聡(つまぶき 
さとし)
メーカー アミューズソフトエンタテインメント (規格番号:DSL-10016)  
発売日 2009年03月06日 
特別版:定価 6,090円(税込)
通常版:定価 3,990円(税込)

● パソコンでの操作手順
★メディアプレーヤー
DVDが動き出すと、音楽が流れる。
ギターから始まり短く(4曲 製作等のロゴなどが出ている)
しばらく間があって、本編が始まる
再生を止める
(ショートカットは Ctrl+P)
メニューから、再生、オーディオおよび言語トラックと進んで
三番目(規定値の上)の「日本語」を選ぶ
再び再生すると音声ガイド付きで鑑賞できます。

★WinDVD
MediaPlayer同様に、そのまま本編再生となります。
最初に流れる短い音楽の4曲が終わったら
スペースキーを押して再生を止める
アルファベットの「A]を押す
↓でオーディオメニューと発声
さらに↓で日本語 チェックと発声
さらに二回↓で日本語を選択してエンター
スペースキーを押し再生開始
音声ガイド付きでDVDを鑑賞します。
WinDVDはアプリケーションキー(マウス 右クリック)からメニュー選択して操
作もできます。
(上記、操作もコンテキストメニューから行えます)

● DVDプレーヤーでの操作手順
リモコンの音声切替ボタン利用可能(ただし本編中のみ)
音声メニューは3つあり、3つ目が音声ガイド入り(デフォルトでは2回ボタンを
押す)
特典ディスク、メニューなし
  
【再生方法】
1.ディスクを入れる
2.CM14本(スキップ可能、ガイドなし)
3.著作権表示など(無音)○○秒←レンタルなので返却してしまいました。次
回から調べます。
4.製作関連ロゴ(無音/効果音)←ここで音声切替ボタンを押す
  ガイドONの状態だと「パコと魔法の絵本制作委員会」からガイドが始まりま
す。
5.映画本編スタート
【メニュー構成】
 音声メニュー構成(デフォルトは選択中の音声)
 1:5.1ch
 2:2ch
 3:2ch+音声ガイド
 本編再生
 メニューに戻る
  
 メインメニュー構成
 リモコンメニューボタンまたは映画終了後に表示
 1:本編再生(デフォルト)
 2:チャプター
 3:音声&字幕
 
【メニュー画面の画像の説明】
メインメニュー
 パコが絵本を持っている、後方に病院の人々
 
 左下にメニュー1~3
 
チャプターメニュー
 壁にかけられた額の中に数字がありチャプター番号になっています。
 最後のページでは石原裕次郎とか林家ぺー&パーの写真もあります。
 
音声字幕メニュー
 本を開いた絵の上に
 左が字幕メニュー、右が音声メニューになっています

●パッケージ説明
メルヘンチックな背景。手前は水色の大きな池。その後ろには、両側にねじれた
太い幹に青々と生い茂る緑の木々が並び、緑色の芝生が
広がっている。真ん中にはレンガの壁に茶色い屋根の、窓のたくさんある洋館。
青空には白い雲がいくつも浮かんでいる。池の前に大き
く、魔法の絵本を広げた笑顔のパコ(アヤカ・ウィルソン)。朱色の絵本の表紙
には「ガマ王子対ザリガニ魔人」のタイトルとガマ王子
、黄色の花のイラスト。その本から飛び出してきたように、パコの周りには登場
人物のガマ王子、ザリガニ魔人、メダカちゃん、ヤゴ、
アメンボ家来、沼エビの魔女、ミズスマシ君、ガマ姫、タニシなどのCGイラスト
が描かれてキラキラ光っている。パコの後ろには「ガマ
王子対ザリガニ魔人」を演じる、ガマ王子役の大貫(役所広司 やくしょ こう
じ)を中心に、ザリガニ魔人役の室町(妻夫木聡 つまぶき さとし)や
メダカちゃん役のタマ子(土屋アンナ つちやあんな)ら10名が
「パコと魔法の絵本」のお芝居の衣装で並んでいる。
下の方に大きく書かれたタイトルの「パコと魔法の絵本」は金色に光っている。
パコの「パ」の〇の中には目玉のイラスト、「コ」には
眉毛と目が付いて、口を開けた顔になっている。魔法の「魔」も王冠と目が描か
れて顔のように見える。絵本の「本」は縦線が長く伸びて剣のようにも見えて、
いかにもファンタジーっぽい装飾になっている。

●担当者からの感想
パコちゃん、カワイくて良い感じでした。
メチャクチャと言えばメチャクチャな映画なんですが
笑える、ムカつく、だけど涙もホロリ…
最後は「えっ!」みたいな。
良く音声ガイドつけたな的な作品です。
すごく楽しませて頂きました。ペコリ <隊員 BRより>
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。