操作レビュー:真夏の夜の夢

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
暑くて外に出るのが億劫な日にはお部屋でのんびりDVD鑑賞などはいかがでしょうか。
 
今回は、タイトルも夏っぽい『真夏の夜の夢』のレビューをお届けします。
第2回シティライツ映画祭のトークショーに参加してくださった中江監督作品です。
では皆さん、お楽しみください。
 
● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル:『真夏の夜の夢』
製作年: 2009年
製作国: 日本
配給: オフィス・シロウズ=シネカノン=パナリ本舗
監督: 中江裕司(なかえ ゆうじ)
キャスト:
柴本幸(しばもと ゆき)
蔵下穂波 (くらした ほなみ)
平良とみ(たいら とみ)
平良進(たいら すすむ)
和田聰宏(わだ そうこう)
中村優子(なかむら ゆうこ)

★製品内容
DVD発売日: 2010年07月23日
販売元: バンダイビジュアル
時間: 105 分
販売価格:3990円

●作品の概要
『ナビィの恋』の中江裕司監督が沖縄の小さな島を舞台に描くドタバタラブコメディ。
沖縄の、とある島。妖精が棲むこの島で幼い頃を過ごしたゆり子は、
亡き祖母の分骨のために再びここを訪れる。しかしその心は、妻子ある男性との恋愛に揺れている。
一方、島では村長の息子の盛大な結婚式の準備が行われていた。
その余興の芝居の準備に巻き込まれたりするうちに、ゆり子は傷心を忘れていく。
そんな折、恋人・敦が訪れ、ゆり子の心は千々に乱れる。
そこへ、幼い頃心を通わせた妖精・マジルーが現れる。
マジルーの持つ「恋の媚薬」は、乗り込んできた敦の凶暴な妻・梨花や、
青年団の昭彦を巻き込み、三角関係、四角関係、心変わりと横恋慕、
と混乱の恋愛ドタバタパニックへ!果たして、それぞれの恋の行方は!?
ゆり子に幸せは待っているのか!?

● パソコンでの操作手順
DVDを入れるだけで音声ガイド付きで鑑賞できるタイプです。
音声ナビ(操作を案内するガイド)も付いています。
セル版、レンタル版とも冒頭にCMは入っておりません。

★メディアプレーヤー
ディスクが動き出すと、中江監督の声で、
「こんにちは、この作品の監督、中江祐司です。
このDVD「真夏の夜の夢 さんかく山のマジルー」には、
目の不自由な方にもお楽しみ頂ける、音声ガイドを収録しております。
本編を音声ガイド付きで御覧になりたい方は、そのままお待ち下さい。
音声ガイド無しで御覧になりたい方は、画面下部にある「ガイド無し」を選択し
て下さい。
なお、このメニューへ戻るには、ディスクを入れ直して下さい。
それでは、どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。」
 
少し無音が続きます。(約10秒)
Ver.11、12の方は、ここでエスケープキーを一介押して下さい。
 
「お断り:
このビデオプログラムの映像・音声ならびにパッケージに関する
全ての権利は著作権者が有しており、
家庭内においての鑑賞に限って許されております。
それ以外の使用や、その一部分でも複製・改変・上映・放映・有線放送などすることは、
権利者に多大な損害を与えるため、法律により堅く禁止されています。」
 
直ぐに音楽が流れ、本編がガイド付きで鑑賞できます。

★WinDVD
ディスクが動き出すと、
メディアプレーヤーと同じに中江監督の声が聞こえます。
そのまま本編が始まるまで、何もしないでお待ち下さい。

● DVDプレーヤーでの操作手順
このDVDには音声ナビが収録されておりますので、
ナビゲーションにしたがって操作してください。

●パッケージ説明
ガジュマルの森の中にいるようなトロピカルなイラスト背景。
四隅には赤いハイビスカスが咲き、木には南国のトロピカルカラーの
鳥が止まり、ピンク色の蝶や水色の亀などが描かれている。
真ん中には海へ続く道。
その先に広がる青い海に浮かぶさんかく山には虹がかかっている。
青い空には白い雲。明るい原色でポップなイラスト。
 
イラストの上に写真が合成されている。
右側にゆり子役の柴本幸(しばもと ゆき)が両手を上げ、
腰と首を少し斜めにして、沖縄伝統の「カチャーシー」を踊っている。
黄色いタンクトップにサーモンピンク色のロングスカート。
長い髪を右側に一結びにし、額を出している。
楽しそうな明るい笑顔。
 
左側にやや小さくキジムン、マジルー役の蔵下穂波(くらした ほなみ)。
髪の毛は頭の上で結っている。
白い柔道着のような服を着て、腰には茶色い模様の入った帯を巻いている。
両手両足を大の字に開いて、おどけてうれしそうな表情。
 
その下に小さく二人のギムジン。
天を仰ぎ、両手を大きく広げて何か叫んでいる。
 
画面の真ん中、海からジャングルへ続く小道を二人のギムジンがこちらに向かって
走ってくる。白い衣服。両手をつないでいる。
 
左上に小さく縦書きの白い文字。
「いつでもあなたを
見守っているよ」
 
画面の下に大きく横文字の白いタイトル文字。
「真夏の夜の夢
さんかく山のマジルー」
山だけが白抜き、それ以外は太字で白く塗ってある。

●担当者からの感想
中江裕司監督最新作『真夏の夜の夢 さんかく山のマジルー』は、沖縄を
舞台にした「沖縄ムービー」作品で、この映画の題名からもわかるとおり、
シェークスピアの原作を沖縄の民話風にアレンジした作品で、ドタバタの
芝居仕立てになっています。
映像に写る沖縄の自然の美しさ、特にさんかく山から眺める海の地平線
は絶景で、夢の世界のようです。
全体に漂う優しくゆったりとした時間の流れが心地よく感じられます。
あぁ、そうなんだと、ラストシーンでタイトルが改めて頭に浮かびました。
家内安全、豊年満作、商売繁盛、子孫繁栄、蓬莱番台、万々歳。
私も平和で幸せな世界が訪れる事を祈ります。(YZ & BR)

● DVD調査隊よりお知らせ
DVD調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想を
お待ちしております。
みなさんからのご意見をもとに、今後の要望も含めて配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか、
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらませんか?
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みに
なりますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
 
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。