操作レビュー:天国の本屋~恋火

今回は「天国の本屋~恋火」の操作レビューです。
 
● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル:「天国の本屋~恋火」
製作年 : 2004年
製作国 : 日本
配給 : 松竹
監督・脚本: 篠原哲雄(しのはら てつお)
原作: 松久淳(まつひさ じゅん)+田中渉(たなか わたる)
出演: 竹内結子(たけうち ゆうこ)
玉山鉄二(たまやま てつじ)
香里奈(かりな)
新井浩文(あらい ひろふみ)
香川照之(かがわ てるゆき)
原田芳雄(はらだ よしお)

★製品内容
DVD発売日:2004年11月25日
価格:4935円
発売元 :松竹
収録時間:111 分
音声:本語:DD(5.1chサラウンド)/解説:DD(ステレオ)
字幕:マルチ字幕(日本語/英語)

●作品の概要
地方の書店から火がつき、ベストセラーとなった「天国の本屋」シリーズ。
その第1作「天国の本屋」と第3作「恋火」が、ついにひとつの映画となって登場。
天国と地上を交錯させながら、愛する人へ想いを伝えることの美しさと切なさを描く、心やさしい物語。
 
主演、竹内結子が愛する人のことを想いながら天国で暮らす翔子と、
その姪で活発な香夏子の2役に初挑戦し、透明感のある演技を見せている。
健太役、玉山鉄二は見事なピアノ演奏を見せるほか、原作の大きなモチーフである朗読にも挑戦。
想いを伝える声の持ち主にふさわしい、あたたかな朗読を披露する。
監督は『昭和歌謡大全集』『命』『はつ恋』の篠原哲雄。心のどこか奥にしま
ったやわらかい場所を探り当てるような、繊細な心理描写と、まるで本当の天国
にいるかのような美しい映像で、原作の持つ感動をさらに鮮やかなものとしている。
 
★ストーリー
生きているのに“天国の本屋”にスカウトされた、ピアニストの健太。伝説の
“恋する花火”を復活させようとする和菓子屋の看板娘、香夏子。
会ったことのない二人は、天国と地上で、あるひとつの“失われた恋”
を追いかけていた。そして、二人自身の恋も。

● パソコンでの操作手順
レンタル版にはCMなど無く、セル版と同じ操作となります。
音声ナビ(操作を案内するガイド)が付いています。
また、デフォルトで音声ガイドが選ばれています。

★メディアプレーヤー
DVDが動き出すと、音楽(松竹ホームビデオのロゴ)が流れます。
続けて音声で
「天国の本屋 恋火 DVD本編ディスクです。
このDVDでは、音声ガイド付きでメニューの操作ができます。
音声ガイドが必要な時には、ここで決定ボタンを押して下さい。
音声ガイドが必要ない時は、
方向ボタンの下を押して決定ボタンを押して下さい。」
次の操作を行うまで上記案内が繰り返し聞こえます。
(Ver.11、Ver.12の方は、ここでエスケープを一回押します。)
 
ここでは、上下矢印キー・エンターでの操作はできません。
タブキーを押します。
続けてエンターを押します。
(上下矢印キーでメニュー内容の案内は聞けません。
矢印キー操作でメニュー移動は起こりますので注意して下さい。)
 
メインメニューに移ります。
「本編ディスク メインメニューです。
ここでは四つのメニューが選択出来ます。
方向キーの下を押すごとに、それぞれのメニューが選択されます。」
次の操作を行うまで上記案内が繰り返し聞こえます。
 
映画を最初から再生(音声ガイド有り)
がデフォルト選択されていますので、エンターを押します。
 
音楽が流れ、
「配給 松竹、提供 松竹、電通、小学館、衛星劇場、SDP、テレビ朝日。
コンサートホール、舞台上でライトを浴び演奏している五人の若者・・・」
本編が音声ガイドつきで始まります。
 
ちなみに、四つの選択肢は、下記の通りです。
・映画を最初から再生
・映画を好きな所から再生
(チャプターから選択と言うことです。)
・音声、字幕の選択
・特典映像の再生

★WinDVD
DVDが動き出すと、音楽(松竹ホームビデオのロゴ)が流れます。
続けて音声で
「天国の本屋 恋火 DVD本編ディスクです。
このDVDでは、音声ガイド付きでメニューの操作ができます。
音声ガイドが必要な時には、ここで決定ボタンを押して下さい。
音声ガイドが必要ない時は、
方向ボタンの下を押して決定ボタンを押して下さい。」
次の操作を行うまで上記案内が繰り返し聞こえます。
 
エンターを押します。
(上下矢印キーでメニュー内容の案内は聞けません。
矢印キー操作でメニュー移動は起こりますので注意して下さい。)
 
メインメニューに移ります。
「本編ディスク メインメニューです。
ここでは四つのメニューが選択出来ます。
方向キーの下を押すごとに、それぞれのメニューが選択されます。」
次の操作を行うまで上記案内が繰り返し聞こえます。
 
映画を最初から再生(音声ガイド有り)
がデフォルト選択されていますので、エンターを押します。
 
音楽が流れ、
「配給 松竹、提供 松竹、電通、小学館、衛星劇場、SDP、テレビ朝日。
コンサートホール、舞台上でライトを浴び演奏している五人の若者・・・」
 
本編が音声ガイドつきで始まります。
 
ちなみに、四つの選択肢は、下記の通りです。
・映画を最初から再生
・映画を好きな所から再生
(チャプターから選択と言うことです。)
・音声、字幕の選択
・特典映像の再生
 
★メインメニュー情報
・映画を最初から再生
選択した音声、字幕で初めから再生されます。
・映画を好きな所から再生
チャプターに付いている音声ガイド(見出し)から選んで再生できます。
・音声、字幕の選択
最初に音声選択、次に字幕選択と音声で案内があります。
・特典映像の再生
1 キャスト、スタッフによるコメント付きで本編再生
(キャストによる音声ガイドではありません。)
2 特報
3 劇場予告編
4 テレビスポット

●パッケージ説明
ぼんやりと霞む、緑色の土手の上に上がる花火をバックに、
にっこりとほほ笑む竹内結子(たけうち ゆうこ)の横顔アップ。
長瀬香夏子と桧山翔子の二役。
額を出した、肩までのストレートヘア。
ざっくりとした白いサマーニット。
左手を左首にあてて、目を細め、幸せそうな表情。
 
右側に小さく二行の縦書き文字。
「大切な人を失ったあなたと、
大切な人を残してきたあなたへ。」
 
真ん中上に大きく二行の縦書きでタイトル文字。
「天国の本屋」はやや小さめに、
「花火」は彼女の顔と同じくらいの大きさでやや太字。
 
左側には小さく出演者や監督、原作者や脚本家などの
名前が七行にわたって縦書きで並んでいる。
最初の二行はやや大きめに「竹内結子 玉山鉄二」
「香川照之 原田芳雄」の名前。
文字はすべて黒。

●担当者からの感想
花火の話しだし、これからの夏にお勧めのDVDですね。
竹内結子さんは二役、翔子(天国の竹内さん)の方が柔らかい感じがして良かっ
たです。香夏子(現実の竹内さん)、元花火師にある事を強要するんですが、チ
ョット怖いかもです。元花火師は香川照之さん、「龍馬伝」でもキタナイ(メイ
ク)らしいが、こちらでも負けていないみたいです。
天国の設定もファンタジックで良い感じです。
(今、死んでも、こんな天国に行けるなら良いかも。)
ラストシーンにかけて、とても美しいんだろうなぁって、
そんなイメージが浮かび上がる作品でした。(By BR)

● DVD調査隊よりお知らせ
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
みなさんからのご意見をもとに、今後の要望も含めて配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか、
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらませんか?
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みに
なりますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。