操作レビュー :グーグーだって猫である


どうも、みみすけです。
 
月日の流れるのは早いもので、1月も半ばを過ぎ
シティライツ映画祭実施までも100日を切りました。
最近映画祭の関係で、音声ガイドを入れてくれているDVDの
販売会社さんに、メールする機会があり、
個々の作品でうれしかったことをご連絡しました。
 
作品のことについても返答があるとうれしいな。
また、もっと作品増やしてくれたらうれしいなと思ってます。
みなさんも、もし作品で感じたことがありましたら
一行でも全然かまわないので、
dvd@citylights01.org
まで、メッセージください。いずれお伝えする機会もあると思います
(もちろん、調査隊への応援メールも歓迎ですよ~
 我々調査隊は現在約7名。
 皆、仕事からの帰宅後に、分担作業して頑張ってま~す)
 
では、
音声ガイドで鑑賞するまでの手順、パッケージ説明、感想など、
DVD調査隊からご紹介します。
 
   ● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル:「グーグーだって猫である」
製作:2008年/日本
監督:犬童一心(いぬどう いっしん)
脚本:犬童一心
原作:大島弓子(おおしま ゆみこ)
音楽:細野晴臣(ほその はるおみ)
出演:小泉今日子(こいずみ きょうこ)、上野樹里(うえの じゅり)、
加瀬亮(かせ りょう)、
森三中(もりさんちゅう)の大島美幸(おおしま みゆき)、
村上知子(むらかみ ともこ)、黒沢かずこ(くろさわ かずこ)の3人、
林直次郎(はやし なおじろう)、松原千恵子(まつばら ちえこ)ほか

★製品内容
メーカー:アスミック (規格番号:ACBD10649)
時間:約116分
字幕:聴覚障がい者用字幕・英語
音声:
1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障害者用音声ガイド)
発売日:2009年2月6日
発売元:アスミック
販売元:角川エンタテインメント

●作品の概要
監督・犬童一心、主演・小泉今日子で映画化した感動ストーリー。
大島弓子作品の熱烈なファンを自認する犬童一心監督が、
大島弓子の同名エッセイ漫画を映画化。
 
★ストーリー
吉祥寺を舞台に、最愛の猫を失った天才漫画家と、
彼女のもとに新たにやって来た子猫のグーグーとの関係を軸に、
その日常と主人公を取り巻く人々の人間模様を優しい眼差しで綴る。
主演は「空中庭園」の小泉今日子、共演に上野樹里、加瀬亮。
天才漫画家、麻子は、長年連れ添ってきた愛猫サバを突然亡くし、
悲しみのあまり仕事が手につかなくなる。
そんなある日、彼女はアメリカン・ショートヘアの子猫と運命的に出会う。
こうしてグーグーと名付けられた子猫との新たな生活が始まり、
徐々に元気を取り戻していく麻子だったが…。

● パソコンでの操作手順
DVDを入れると本編が始まり、その後に音声ガイドに切り替えるタイプです。

★メディアプレーヤー
特にバージョンでの違いはありません。
DVDが動き出すと、しばらくして主題歌メロディーが流れ(レンタル版では6本の
予告編の後にメロディーが流れて)メインメニュー画面に切替わります。
 
*参考:レンタル版の予告編紹介が操作レビューの最後にあります。
 
ここからはセル版、レンタル版共通です。
(次の操作を行わないと、音楽等は繰り返し流れ続けます。)
タブキーを押し、続けてエンターを押します。
音楽が再び流れます。
再生を止めます。
(ショートカットは Ctrl+Pです。)
オルトを押し、メニューバーから、
再生、オーディオおよび言語トラックと進みエンターを押します。
(「日本語 チェック」と聞こえます。)
下矢印キーを二回押し、三番目の日本語を選んでエンターを押します。
(選択肢は、日本語・日本語・日本語・既定値の四つです。)
再び再生します。
(ショートカットは Ctrl+P です。)
以上で音声ガイド付きで鑑賞できます。
 

★WinDVD
DVDが動き出すと、しばらくして主題歌メロディーが流れ(レンタル版では6本の
予告編の後にメロディーが流れて)メインメニュー画面に切替わります。
 
*参考:レンタル版の予告編紹介が操作レビューの最後にあります。
 
ここからはセル版、レンタル版共通です。
(次の操作を行わないと、音楽等は繰り返し流れ続けます。)
そのままエンターを押します。
音楽が再び流れます。
再生を止めます。
(ショートカットはスペースキーです。)
アルファベットの「A」を押します。
下矢印キーを一回押します。
(「オーディオメニュー」と聞こえます。)
下矢印キーを押すと「日本語チェック」と聞こえます。
さらに下矢印キーを二回押し、三番目の日本語を選んでエンターを押します。
(メニューはトグルになってます。)
再び再生します。
(ショートカットはスペースキーです。)
以上で音声ガイド付きで鑑賞できます。
 
WinDVDはアプリケーションキー(もしくは Shift+F10)を押すと
メニューが出て来ます。
上下矢印キーで移動して、目的の項目を選んで操作できます。
 

● DVDプレーヤーでの操作手順
★基本情報
リモコンの音声切替ボタンを利用可能です。
音声メニューは全部で3つあり、3つ目が音声ガイド入りです。
(デフォルトの状態から2回ボタンを押すと選択できます。)
自動再生なし(最初にメニューが表示されるパターンです。)
特典ディスクなし、特典メニュー(予告編、クレジット)
*初回限定版は「グーグーのフォトブック」や「ニャンダフル・ディスク」
付きだったようです。
 
★再生方法
 1.ディスクを入れます。
 2. レンタル版はCM&予告編が6本流れます。←ディスク挿入時のみ
(CM&予告編は、リモコンの次ボタンで飛ばせます。)
 3. 著作権、アスミックロゴ、アスミックエースロゴ(無音約30秒)
  (←ディスク挿入時のみ)
 4.メインメニュー画面(本編再生にフォーカスが当たっています。)
  主題曲メロディーが流れ、何もしないとメロディーを繰り返します。
 5.決定ボタンを押すと本編再生が始まります。
再生スタート後にすぐに音声切り替えボタンを2回押し、音声ガイド
モードを選択すると音声ガイドが流れます。
もし音声ガイドが流れない時にはまだ選択されていませんので、さらに
ボタンを押して、音声ガイドが流れるところを探してください。
 
★メニュー構成
メインメニュー構成(左右の左から)
(一番左に本編再生[フォーカスが当たっています])
 1:本編再生(デフォルト)
 2:チャプター
 3:セットアップ
 4:予告編集
1:本編再生
決定ボタンを押すと再生が始まります。
2:チャプター
各チャプターの画面が4つ左上、右上、左下、右下の順に並んで
表示されています。
画面の下には1-4、5-8、9-12、13-16を選ぶボタンが並んでいます。
十字キーの右ボタンを押すことでチャプターを選択できます。
チャプターの内容:
1サバの死、2麻子先生の悲しみ、3名前はグーグー、4象のはな子
5グーグーの手術、6ハーモニカ横丁、7吉祥寺の街へ、8いなくなったグーグー
9新作のアイデア、10ニューヨークに行く、11突然の知らせ、
12”ガ・ン・バ・レ”、13サバとの再会、14「8月に生まれる子供」、
15good good(グーグー)、16エンドロール
3:セットアップ
音声字幕設定
(1画面に音声メニュー、字幕メニュー、本編に戻る、メインメニューの
4つがあります。)
・音声メニュー構成(デフォルトは1:日本語ドルビーデジタル2ch)
 1:日本語ドルビーデジタル2ch
 2:日本語ドルビーデジタル5.1ch
 3:視覚障がい者用音声ガイド ドルビーデジタル5.1ch
・字幕メニュー(デフォルトはoff)
 1:off
 2:聴覚障がい者用日本語字幕
 3:English
・本編に戻る
・メインメニュー
4:予告編集
 1:劇場特報
 2:劇場予告
 3:TVスポット15秒
 4:TVスポット30秒
 
*参考:予告編の情報
レンタル版の冒頭に入っている予告編の内容は以下の通りです。
1.CM ニャンとも清潔トイレ(~1:03)
2.予告編「ジョゼと虎と魚たち」(~3:00)
3.予告編「メゾンドヒミコ」(~5:08)
4.予告編「西の魔女が死んだ」(~6:23)本編は音声ガイド付きDVDです。
5.予告編「百万円と苦虫女」(~8:30)
6.予告編「ハンサムスーツ」(~9:05)本編は音声ガイド付きDVDです。
(音声ガイド付きDVDの予告編が入っていたので、参考に紹介しました。)
 

●パッケージ説明
 
パッケージの上の8割が写真で、下側に出演者名や原作者の猫のイラストがある。
(上の写真部分の説明)
(今回のロケ地である井の頭公園の風景と思われる)赤や黄色の美しい紅葉風景
を背景に、右下に主演の小泉今日子が主人公のアメリカンショートヘアの子猫の
グーグー(good good)を抱きしめて頬ずりしている写真がある。
その左には「ただいま、グーグー」の台詞が、黒文字で小さく書いてある。
上側中央に、題名「グーグー・だって・猫である」が白抜き文字で3行縦書きで
書かれている。ちなみに猫の文字の田の部分は、蚊取り線香の渦巻き状の手書き
風書体で、これはグーグーのお腹の縞模様をイメージしている。
左上隅には4つの円で囲った共演者の写真が並んでいる。
上から森三中の3人。2番目には加瀬亮、3番目に猫のグーグー、4番目の少し大き
な円の中の写真に上野樹里。
(下側の文字表示内容)
一番上から主な出演者名、監督名、原作者名、音楽担当名が四行で書かれてる。
出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮
脚本・監督:犬童一心
原作:大島弓子「グーグーだって猫である」角川書店
音楽:細野晴臣
右側に大島弓子が描いた猫のイラストがある。(尻尾をピンと立てて少し怒った
ような表情のイラストで、猫のおなかの模様は渦巻き。コピーライト表示つき。)
その右にDVDロゴタイプ表示。

●担当者からの感想
主人公が飼っている猫を中心としたストーリーが展開しますが、なんといっても
若者に人気がある吉祥寺の街が楽しく紹介されているのが魅力です。
井の頭公園の春の桜や秋の紅葉がとても美しく、動物園や商店街風景もたくさん
入っていて、吉祥寺の宣伝映画と言ってもいいですね。
出演しているアメリカンショートヘアの猫がとてもかわいらしく、猫好きの人に
はいち押しのおすすめ映画です。
また、赤白ボーダーの新築の家が話題になった吉祥寺在住の漫画家楳図かずお
氏、巨漢作曲家の小林亜星氏、マルチタレント監督の角川春樹氏などが総出演です。
(By YZ)

● DVD調査隊よりお知らせ
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
みなさんからのご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらえませんか?
 
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みにな
りますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。