操作レビュー:重力ピエロ

どうも、皆様 お元気でしょうか
DVD調査隊のみみすけです。
 
一段と朝晩寒くなってきました。
風邪などひかないよう、気をつけたい この頃です。
同時に季節を感じる時期、公園のベンチで一休みしていたら
枯葉の舞いおちる音などに、秋(冬?)の訪れを感じました。
 
では、先日アナウンスしました音声ガイド付きDVD重力ピエロ。
音声ガイドで鑑賞するまでの手順、パッケージ説明、感想など、
DVD調査隊からご紹介します。
 
    ● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
 
タイトル:重力ピエロ
制作: 2009年/日本
監督: 森 淳一(もり じゅんいち)
出演: 加瀬亮(かせ りょう)、岡田将生(おかだ まさき)、
小日向文世(こひなた ふみよ)、鈴木京香(すずき きょうか)、
吉高由里子(よしたか ゆりこ)

★製品内容
DVD:1枚 
音声:日本語/視覚障害者対応音声ガイド
字幕:マルチ字幕(日本語/吹き替え用字幕)
上映時間: 119分
DVD発売日: 2009/10/23

●作品の概要
 
平穏に暮らす3人の家族が抱える秘密、そして遺伝子暗号が鍵を握ると見られる
連続放火事件。この2つの間に横たわる謎とは。伊坂幸太郎のベストセラー
・ミステリーを映画化した作品で、家族とは、そして正義とは何かを問う感動作
だ。優しく穏やかな主人公を加瀬亮が、その弟を岡田将生がみずみずしく演じて
いる。父親を演じた小日向文世のひょうひょうとした魅力も見どころのひとつ。
 
★ストーリー
遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・
春。そして、優しい父と美しい母。平穏に、そして陽気に過ごすこの家族には、
過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった時、事件は始
まる。謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書き(グラフィティア
ート)の出現。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。春を付け回す謎の美女と、
突然街に帰ってきた男。すべての謎が解けたとき、24年前から今へと繋がる家族
の"謎"が明らかになる。

● パソコンでの操作手順
DVDを入れると音声で読まないメニューが出てくるタイプです。

★メディアプレーヤー
特にバージョンで操作の違いはありません。
 
DVDが動き出し、その後、音楽が流れる。
(レンタル版は、CMが約11本流れた後、音楽となります)
これがメインメニューです。
(次の操作を行わないと、音楽等は繰り返し流れ続ける)
Tabキーを押し、続けてenterキーを押す
音楽(制作ロゴ アスミックエース)が流れ、続けて本編となる
 
再生を止める
(ショートカットは Ctrl+P)
Altを押して、
メニューバーから、再生、オーディオおよび言語トラックと進んでエンター
「日本語 チェック」と聞こえる
↓を1回押し、二番目の日本語を選びエンター
(選択肢は、日本語・日本語・既定値の3つ)
 
再び再生する(ショートカットは Ctrl+P)と音声ガイド付きで鑑賞できる

★WinDVD
 
MediaPlayer同様に、
(レンタル版は、CMが約11本流れた後)
メインメニューになり音楽が聞こえる。
(次の操作を行わないと、音楽は繰り返し流れ続ける)
Tabキーを押し、続けてenterキーを押す
音楽(制作ロゴ アスミックエース)が流れ、続けて本編となる
 
スペースキーを押して再生を止める
アルファベットの「A]を押す
↓でオーディオメニューと発声
さらに↓で日本語 チェックと発声
↓で次の「日本語」を選んでエンター
(選択肢は二つ)
スペースキーを押し再生開始
音声ガイド付きでDVDを鑑賞できる
 
WinDVDはアプリケーションキー(もしくは Shift+F10)を押すと
メニューが出て来ます。
↑↓で移動して、目的の項目を選んで操作できます。

● DVDプレーヤーでの操作手順
 
★基本情報
リモコンの音声切替ボタン利用可能
音声メニューは2つあり、2つ目が音声ガイド入り(デフォルトでは2回ボタン
を押す)
特典ディスクなし、特典メニュー(予告編)
 
★再生方法
 1.ディスクを入れる
 2. CM11本←ディスク挿入時のみ
 3. 著作権、アスミックロゴ、アスミックエースロゴ(無音約30秒)←ディスク
挿入時のみ
 4.メインメニュー(BGMあり)
   本編再生にカーソルがあたっているので、
   そのまま決定ボタンを押す
 5.ロボットコミュニケーションロゴ(効果音、20秒)←ここで音声切り替えボ
タンを押す
 6.映画本編スタート
   音声ガイドONの場合、数秒の無音の後ガイドから始まります。
 
★メニュー構成
 
・メインメニュー構成
 1:本編再生(デフォルト)
 2:チャプター
 3:セットアップ(音声、字幕選択)
 4:特典映像
 
横書き、縦並びで上から1~4の表示。
 
・本編再生
 決定を押すと再生が始まります。
 
・セットアップ
 音声メニュー構成(デフォルトは選択中の音声)
1:5.1ch
2:2ch+音声ガイド
 
 字幕メニュー(デフォルトはなし)
1:聴覚障害者用 日本語字幕
2:英語
3:字幕なし
 
 本編へ戻る
 メインメニュー
 
最初は5.1chにあたっているため、下を1回おして、決定ボタンを押す。
字幕メニューにフォーカスがあたる。
字幕メニューの上で決定ボタンを押すと→本編へ戻るへフォーカスがあたる。
字幕メニューの上で下ボタンを押すと→メインメニューへフォーカスがあたる。
戻りたいほうへの操作にてセットアップメニューは終了する。

●パッケージ説明
 
とても薄い水色の背景。その背景に紛れるように、さまざまな大きさの文字が、
少し濃い水色で、縦書きや横書きでバラバラに並んでいる。
「春が」「から落ちてきた。」「TURY」「実は俺、」「関係あるの?」
「を救う」「変化に」「なりなさい」「消して」「死ぬこと」「怖くな」等々、
わざと意味をなさないように配置されている。
 
中央のやや上の方に、縦書きで金色のゴシック体タイトル文字「重力ピエロ」。
画面の下半分、「重力ピエロ」の「エ」の文字辺りから、
タイトルの左右に二人の兄弟。左側が兄の泉水役、加瀬亮(かせ りょう)。
眉毛を隠し、メガネの縁までかかる長い前髪。黒くて重い髪型。耳は出ている。
細めの縁なしメガネ。メガネのツル(フレーム)は銀色。白いシャツを着て、
口を閉じ、無表情でま正面をじっと見つめている。右側が弟の春役、岡田将生
(おかだ まさき)。薄い水色のニット帽を深くかぶり、髪は見えない。
原色のエメラルドグリーンのTシャツに黒いパーカー。
きりりと上がったきれいな眉毛に切れ長の目。同じように口を閉じ、
無表情で前方のどこか遠くを見つめている。

●担当者からの感想
 
「重力ピエロ」と言うタイトルから感じられるように、重い内容の映画でした。
「二人で遊んで来たのか?」、「最強の家族」
「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだ」
そんな台詞が印象に残っています。
父親、二人の兄弟の絆が良い感じで描かれています。
何が正義で、何が悪か、考えてしまいました。(By BR)

● DVD調査隊よりお知らせ
 
音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお寄せください。
 
DVD調査隊では、みなさんからご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社
に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか
「こんな風にしてもらえたら、もっと捜査が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらえませんか?
 
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者
側に伝わることによって、音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれ
ば良いと思いませんか?
 
そして、より捜査性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
 
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みにな
りますので、そちらもぜひお願いします。
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。