ひまわりと子犬の7日間

タイトル:ひまわりと子犬の7日間
製作年:2013年
製作国:日本
ジャンル:ファミリー
上映時間:117分
監督:平松恵美子(ひらまつ えみこ)
出演:堺雅人(さかい まさと),中谷美紀(なかたに みき),でんでん(でんでん),
若林正恭(わかばやし まさやす)・オードリー,吉行和子(よしゆき かずこ),
夏八木勲(なつやぎ いさお),草村礼子(くさむら れいこ),
左時枝(ひだり ときえ),近藤里沙(こんどう りさ),藤本哉汰(ふじもと かなた),
檀れい(だん れい),小林稔侍(こばやし ねんじ)
価格:2940円
販売元:松竹

作品紹介:
妻を亡くし、男手ひとつで2人の子どもを育てる神崎彰司(かんざき しょうじ)。
ある冬の日、彼が働く保健所に母犬と生まれたばかりの三匹の子犬が保護される。
母犬は近づく人があれば激しく吠え、子犬たちを命がけで守ろうとし、人に懐く
気配がない。新たな飼い主を見つけて人のもとで暮らせる犬として譲渡できるよ
うにするのは至難の業。保健所で収容できる期間は7日間、その間に引き取り手
が見つからなければ殺処分されてしまう。母犬の母性の強さに心打たれた神崎は、
なんとかしてこの母子犬を守ろうと新たな飼い主探しに尽力することになるのだ
が…。

ひとこと:
2007年に宮崎県の保健所で実際に起きた出来事を綴った山下由美さんの「奇跡の
母子犬<PHP研究所刊>」を原案に、保健所に収容された母犬が、7日間の「命の
期限日」を前に、子犬を必死に守ろうとする姿に心打たれる感動作です。「母べ
え」「武士の一分」「おとうと」「東京家族」などで、長年にわたって山田洋次
作品の共同脚本・助監督を務めてきた平松恵美子監督のデビュー作品です。

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。