操作レビュー : ミルコのひかり

皆様はじめまして、DVD調査隊のYZです。
 
少し遅くなりましたが、 イタリア映画「ミルコのひかり」のDVD操作レビュー
をご紹介します。
事故で視力を失ったミルコ少年が、「音」の世界で自分の希望を見出して
いく心温まる物語です。
 
以下、音声ガイド付きDVDをパソコンで鑑賞する手順、パッケージ説明、
感想などを、DVD調査隊からご紹介します。
(音声ガイドはシティライツ作です)
 
● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

 ●基本情報
製作年:2005年
製作国:イタリア
原題:ROSSO COME IL CIELO
上映時間:100分
監督:クリスティアーノ・ボルトーネ
出演:
ルカ・カプリオッティ,
シモーネ・グッリー,
アンドレア・グッソーニ,
アレサンドロ・フィオーリ,
ミケーレ・イオリオ

★製品内容
DVD発売日:2008年8月6日
販売元:ビデオメーカー
形式:Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
リージョンコード:リージョン2
画面サイズ:1.78:1
ディスク枚数:1枚
・ミルコと同じように目の不自由な方にもご鑑賞いただける【音声ガイド】を収録
・「文字が大きくて読みやすい」と評判の【デカ字幕】(=大きな字幕)を収録
※通常の字幕サイズも収録しています。

●作品の概要
光を失った少年が 決してあきらめなかった“映画”への夢
イタリア映画界の第一線で活躍する、盲目のサウンドデザイナー【ミルコ・メンカッチ】
の幼少時代を描く感動の物語!
 
★ストーリー
1971年、イタリアのトスカーナ地方で、10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は
銃の暴発により視力を失う。
視覚障害者は特殊学校に入るという当時の法律により、彼はジェノヴァの全寮制
の盲学校に転校する。
新生活になじめないミルコだったが、1台のテープレコーダーとの出会いを
きっかけに、“音”の世界の魅力に引き込まれ始める。
 
● パソコンでの操作手順
初めに音声メニュー選択画面が出てくるタイプです。
このDVDには音声ナビ(操作を案内するガイド)が付いていますので、
DVD Playerのレビューは省略しています。

★メディアプレーヤー
セル版、レンタル版とも操作は同じです。
最初の音楽が流れた後、音声ガイドメニューと通常メニューを選ぶアナウンスが
聞こえます。
デフォルトで音声ガイドメニューが選ばれているので、エンター。
(もしも通常メニューに変更したい場合は、タブキーを5回押して、下矢印1回
で選択を通常メニューに変えることができます。)
その後、「本編再生」「音声・字幕メニュー」「チャプターリスト」などのメニ
ューが現れます。
デフォルトで本編再生が選ばれているのでそのままエンターすると、先頭から
映画が見られます。
タブキーを1回押すと、メニューを矢印キーで選べるようになるので、途中から
見たい場合などはその方法でチャプターリストを出してください。

★WinDVD
セル版、レンタル版とも操作は同じです。
最初の音楽が流れた後、音声ガイドメニューと通常メニューを選ぶアナウンスが
聞こえます。
デフォルトで音声ガイドメニューが選ばれているので、エンター。
その後、「本編再生」「音声・字幕メニュー」「チャプターリスト」などの
メニューが現れます。(矢印キーで移動可能)
デフォルトで本編再生が選ばれているのでそのままエンターすると、見られます。
 
メインメニューの構成:
・本編スタート
・音声字幕メニュー
・チャプターリスト
・メイキング映像
・オリジナル版予告
・日本版予告
・リリース・インフォメーション
・メニューーガイドOFF
(十字キーの上下キーを押すことで選択できます)

●パッケージ説明
1:3:1:1に横に4分割された画面。
一番上には一面に数えきれないほどの、背の高いひまわりが咲き誇るひまわり畑。
イタリア・トスカーナ地方のまぶしい太陽が降り注いでいる。
右側には縦いっぱいに大きなひまわりの花。
一部の背景として、晴れ渡った青い空に白い雲が浮かんでいる。
 
上から二番目のスペースは一番広く、白い背景に、肩から上のミルコ役
ルカ・カプリオッティのアップの顔。
白いシャツに紺色のセーター。
目と口を閉じている。
栗色のやわらかそうな髪は短く切り揃えられている。
前髪も短く、額を半分くらい隠している。少し乱れて少年っぽい自然な感じ。
閉じたミルコの左目の上に人差し指と中指を、唇の上に親指を置いた小さな手。
手の持ち主のブルーのセーターの袖口がみえる。
 
右上にピンク色のゴシック体で2行の縦書き。
音と勇気が、
僕の瞳になった。
 
上から三番目はタイトルのスペース。
白い背景にきれいな水色の大きな明朝体で「ミルコのひかり」の文字。
ちょうど「ひ」の文字に光が差し込むようにブルーの色合いが微妙に薄くなっている。
日本語タイトルの下に小さくイタリア語のタイトル。
その下には監督や出演者、スタッフの名前がさらに小さな文字で何行も続いている。
 
一番下は盲学校の講堂。椅子が並べられ、寮で生活している少年たちと、学芸会鑑賞に
訪れたその家族が座っている。
少年たちは白いブラウスに黒いタイの制服。
目が見える親たちは皆黒い布で目隠しをしている。

●担当者からの感想
ミルコたちが集めてくる様々な「音」の世界。
その魅力に引き込まれながら、幼いころ初めてテープレコーダーを手にした時の
わくわくな気分を思い出しました。
大好きな作品です。まだ未見の方はぜひどうぞ。 (By MP)

● DVD調査隊よりお知らせ
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
みなさんからのご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらえませんか? 
 
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みにな
りますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。