操作レビュー:星に願いを。

シネマMLのみなさま
DVD調査隊 まなちゃんです。
 
すっかり日が暮れるのも早くなり、気温もどんどん下がってきましたね。
栗も松茸も柿も出回っていて、秋らしくなってきたなと思うこの頃です。
 
DVD調査隊からは、ロマンチックな秋にぴったりのファンタジックなお話をお届けします。

● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・調査隊担当者の感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル: 星に願いを
製作年: 2002年
製作国: 日本
配給: 東宝
監督: 富樫森(とがし しん)
出演: 竹内結子(たけうち ゆうこ)、吉沢悠(よしざわ ひさし)
高橋和也(たかはし かずや)、中村麻美(なかむら まみ)
牧瀬里穂(まきせ りほ) 
 
★製品内容
DVD発売日:2003年10月3日
ディスク枚数: 1
販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
販売価格: 4700円
時間: 106 分 

●作品の概要
ピュアであるがゆえに儚く切ない、そんなラブストーリーが誕生…。
 
<ストーリー>
北海道・函館。3年前の交通事故により、失明し、声も失ってしまった青年・笙吾(吉沢悠)。事故直後、心を閉ざしてしまった彼に立ち直るきっかけを与えたのは、担当の看護師・奏(竹内結子)だった。
再び生きる勇気を取り戻した笙吾と奏は、時がたつにつれ、言葉を超えて心が通じあう特別な存在になっていった。そんな折、笙吾は車にはねられ、奏の目の前で息絶えてしまう。泣き崩れる奏。しかし、死んでしまったはずの笙吾は流星のチカラで数日間だけ別人として再び命が与えられる。"ある想い"を奏に伝えるために・・・。 

● パソコンでの操作手順
音声ナビ(操作を案内するガイド)が付いています。
また、デフォルトで音声ガイドによる自動再生が選ばれています。
(DVDを挿入後、放置すると音声ガイド付きで鑑賞できます。)

★メディアプレーヤー
DVDが動き出すと、はじめに警告画面とパラマウントのオープニング画面が表示され、
しばらくして音声ナビが始まります。
「健常者の方は、通常再生をお選び下さい。
視覚障害者の方は、そのままお待ち下さい。
副音声が再生されます。
なお、このメニューへ戻るには、ディスクを入れ直して下さい。」
(Ver11、12の方は、エスケープキーを一回押しておいて下さい。)
しばらくすると
「日活 アンド バサラピクチャーズ……」
以後、本編が音声ガイド付きで始まります。

★WinDVD
DVDが動き出すと、
はじめに警告画面とパラマウントのオープニング画面が表示され、
しばらくして音声ナビが始まります。
健常者の方は、通常再生をお選び下さい。
視覚障害者の方は、そのままお待ち下さい。
副音声が再生されます。
なお、このメニューへ戻るには、ディスクを入れ直して下さい。」
しばらくすると
「日活 アンド バサラピクチャーズ……」
以後、本編が音声ガイド付きで始まります。

● DVDプレーヤーでの操作手順
 
音声ナビがついています。
ガイドに従って再生して下さい。 

●パッケージ説明
薄青色の背景。
どこかの駐車場、街灯、ビル、道路の様子が薄ぼんやりと写っている。
 
右上の角に大きく青いタイトル文字。
「星に願いを。」の「星に願」までが横書き、そこから直角に下にさがって
「願いを。」が縦書きで書かれている。
その90度の角の間に出演者の名前などがローマ字で書かれている。
 
真ん中に小さく薄紫の小さな文字で
「奇跡なんて信じてなかった…。」と書かれている。
 
その文字で左右わけるように二人の上半身。
左側に奏役の竹内結子(たけうち ゆうこ)。
すこし茶色に染め、ゆるくパーマのかかったショートヘアの横顔。
黒いタートルネックのセーターを着ている。
口を閉じて真っすぐ前を見ている。表情はわからない。
 
右側には笙吾役の吉沢悠(よしざわ ひさし)。
少し伸びた不揃いの前髪が朴とつな印象。
水色のインナーにグレーがかったジャンパー。
口を閉じ、じっと下を向いている。
何かにおびえたような、少し力んだような硬い表情。
背中のあたりがうっすらと消えかかっている。

●調査隊担当者の感想
良くも悪くもファンタジーなラブストーリーです。
「あの人にもう一度…」という想いが、とても切なく伝わってきました。
人を想いやる心がピュアなほど暖かいんだなぁとも感じました。
必死に伝えようとするが伝わらない、そのもどかしさに涙してしまいました。
一方、随所に散見する暴力シーン(笑い)、そのタイミングではと言うプロポーズなどは、「無い無い」と突っ込みどころでした。
あのDJは流星の妖精なのでしょうか…?
さて、音声ガイドは天こ盛り、映画の舞台である函館の満天の星なのか、百万ドルの夜景かと言う感じです。(とても細かくガイドされています。好みでしょうが私はそれも好きです。)
たぶん、シティライツと言う名称がDVDに収録された最初の作品なのではと思います。(力、入っているぞっ!って感じでした。)
また、この作品はリメークです。オリジナルは「星願/あなたにもう一度(1999年/香港)」です。
こちらは音声ガイドは付いていませんが、この作品が好きな方なら十分に楽しめると思います。素晴らしい作品です。どちらも一見の価値があると思います。(BR)

● DVD調査隊よりお知らせ
 
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
 
みなさんからのご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、何でも自由に教えてもらえませんか?
 
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みになりますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
 
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。