操作レビュー:ホーム・スイートホーム


DVD調査隊 まなちゃんです。

今日もひどく揺れて、まだまだ地震が怖いですが、
ふと気づけば桜も菜の花も満開。
いつの間にやら、春まっただ中ですね。

今回は皆様に『ホーム・スイートホーム』のDVD操作レビューをお届けします。


● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。
 
 
●基本情報
タイトル: 『ホーム・スイートホーム』
製作年: 2000年
製作国: 日本
配給: ホーム・スイートホーム上映1000人委員会
監督: 栗山富夫(くりやま とみお)
出演: 神山繁(こうやま しげる)、酒井美紀(さかい みき)、
小林稔侍(こばやし ねんじ)、風吹ジュン(吹雪じゅん)、
横山通乃(よこやま みちの)
 
 
●基本情報
DVD発売日: 2004年1月21日
販売元: 日本クラウン 
時間: 112 分 
販売価格: 4725円
 
 
●作品の概要
岩手山のふもとにあるグループホームを舞台に、ひとりの老人をめぐる人間模様をヒューマンなタッチで描写。小林稔侍主演。
 
★ストーリー
寿司屋を営む山下家では、痴呆症で徘徊を繰り返す元オペラ歌手の祖父・宏の世話に手を焼いていた。そんなある日、息子の太郎が宏に階段から突き落とされ入院するハメに。嫁の菊子は店を切り盛りしなければならないし、孫娘の松子も家庭の事情を抱えている。そこで、ピアノ教師をしながらコンクール出場を目指している次孫の和代が、ひとり暮らしのアパートで宏を預かることになるのだが、彼女も2ヶ月で音を上げる始末。困り果てた松子は、岩手にある女性たちだけのグループホーム"おばんでがんす"に、太郎の退院まで宏を預かってくれるよう手紙を残し、彼を置き去りにしてしまうのだった……。
 
 
探しましたがレンタル版はありませんでした。
セル版のみのレビューとなります。
 
 
● パソコンでの操作手順
 
音声ナビ(操作を案内するガイド)が付いています。
メインメニューから音声ガイド(字幕)を選んで再生するタイプです。

★メディアプレーヤー
 
DVDが動き出すと、
すぐに音楽が流れます。
画面に一文字ずつローマ字が流れ出てくる
SUNCROWNの文字で日本クラウンのロゴが表示されます。

その後、音声で
「メインメニュー画面です。
映画ホーム・スイートホームのDVDは、耳や目の不自由な方のための
字幕、音声ガイド付きでご覧頂けるように作られております。
本編オリジナルで、または日本語音声ガイド付きで、
字幕表示は有り無しで、日本語または英語を選んでお楽しみ頂けます。」
(Ver.11 Ver.12は一回エスケープキーを押して下さい。)
 
「このまま、何も選択しないと本編オリジナルでスタートします。」
 
ここでは、上下矢印キー・エンターでの操作はできません。
タブキーを押します。
続けて下矢印キーを押します。
 
「日本語音声ガイドです。
リモコンの決定ボタンを押し、
スタートで決定ボタンを押して下さい。」
エンターキーをおします。
 
「決定ボタンを押すとスタートします。」
エンターキーを押します。
 
「音声ガイド付き、日本語字幕無しでスタートしました。」
 
「静かに波立つ川面(かわも)をバックにメインタイトル、
ホームスイートホームの文字が浮かび上がる
朝の隅田川、モノトーンの映像。
画面下から競り上がるように、一艘のつり船が通り過ぎる……。」 
 
また、メインメニューでは、上下矢印キーでチャプター、字幕選択などが選べ、
チャプター選択には音声ナビも付いています。
但し、字幕選択を選ぶと音声ナビでは操作ができません。御注意を!
以上です。

★WinDVD
 
DVDが動き出すと、
すぐに音楽が流れます。
画面に一文字ずつローマ字が流れ出てくる
SUNCROWNの文字で日本クラウンのロゴが表示されます。
 
その後、音声で
「メインメニュー画面です。
映画ホーム・スイートホームのDVDは、耳や目の不自由な方のための
字幕、音声ガイド付きでご覧頂けるように作られております。
本編オリジナルで、または日本語音声ガイド付きで、
字幕表示は有り無しで、日本語または英語を選んでお楽しみ頂けます。」
「このまま、何も選択しないと本編オリジナルでスタートします。」
 
下矢印キーを押します。
 
「日本語音声ガイドです。
リモコンの決定ボタンを押し、
スタートで決定ボタンを押して下さい。」
エンターキーをおします。
 
「決定ボタンを押すとスタートします。」
エンターキーを押します。
 
「音声ガイド付き、日本語字幕無しでスタートしました。」
 
「静かに波立つ川面(かわも)をバックにメインタイトル、
ホームスイートホームの文字が浮かび上がる
朝の隅田川、モノトーンの映像。
画面下から競り上がるように、一艘のつり船が通り過ぎる……。」 
また、メインメニューでは、
上下矢印キーでチャプター、字幕選択などが選べ、
チャプター選択には音声ナビも付いています。
但し、字幕選択を選ぶと音声ナビでは操作ができません。御注意を!
以上です。
 
 
● DVDプレーヤーでの操作手順
 
音声ナビがついています。
ガイドに従って再生して下さい。


●パッケージ説明
 
青い空に白い雲が浮かぶ背景。
左上に丸く、青い服を着た山下宏(神山繁)が草原に座り手を広げている写真。
右上にはボブカットの若い女性、山下和代(酒井美紀)が微笑んでいる。
中央に、白抜き文字で、
「ホーム・スイートホーム
    誰にでも帰りたい家がある」
の記載。
下半分には、白い線のイラストで2階建てのグループホーム。
グループホームの横には大きな木があり、後方には高い山がそびえている。
 
 
●担当者からの感想
 
老いや障害などのテーマを日常の生活の中で捉えて、ユーモアたっぷりに描かれた作品です。
冒頭からオイオイと言うか、老い老いと言うか無茶苦茶な展開で始まり、どうなるんだろうと作品に引き込まれます。
後半は一転、優しさが漂う良い作品だと思います。
ただ、おじいちゃんの孫にあたるピアノの先生が、あることから人生の進路を変えます。
ご都合主義的な面も感じますが、涙を誘うラストシーンに繋がっています。
音声ガイドの量は若干多い気もしますが、ナレーションはトーンを抑え作品に合っており聞きやすかったです。
元オペラ歌手のおじいちゃんが良く歌を唄うのですが、それと同時に物事が起きたり、進んだりするので音声ガイドが無いと分かり難い作品です。
 この作品は、「市民による、市民の手造りの映画である。」で、その志の下、製作会社が設立され、制作費の一部は市民ファンドで賄われ、高齢者問題をテーマにしている映画では大手映画会社の配給網に相手にされないことから、配給・上映なども市民の手で行われたそうです。
上映が始まると、口コミで評判が広まり、全国1000箇所で上映され、2003年には「ホーム・スイートホーム2」が製作されています。(BR)
 
 
● DVD調査隊よりお知らせ
 
DVD調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ちしております。
みなさんからのご意見をもとに、今後の要望も含めて配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか、
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、何でも自由に教えてもらませんか?
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みになりますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
 
みなさんからの、お便りをお待ちしております!

<作品情報>
作品紹介記事はこちら 、 レビュー記事はこちら
購入:アマゾンで購入 レンタル版:レンタル無し 公式ページ:無し

カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。