操作レビュー:海角七号 君想う、国境の南

今回は、台湾で大ヒットした「海角七号 君想う、国境の南」を、
音声ガイドで鑑賞するまでの手順、作品・パッケージ説明、感想
などをDVD調査隊からご紹介します。
 
なお、このDVDには音声ナビ(操作を案内するガイド)
が付いていますので、DVDプレーヤーの操作レビューは省略して
います。
 
● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル:「海角七号 君想う、国境の南」
制作年:2008年
製作国:台湾
配給:ザジフィルムズ /マクザム
監督:ウェイ・ダーション
出演:ファン・イーチェン、田中千絵(たなか ちえ)、中孝介(あたり こうすけ)、
レイチェル・リャン、シノ・リン、リン・ゾンレン、マー・ニエンシエン、ミンション

★製品内容
DVD発売日:2010年6月25日
ディスク枚数: 2枚組み
(メイキング、インタビュー、プレミア試写&初日舞台挨拶、記者会見、
予告編集ほか収録、8P解説書封入)
価格:4,935円
販売元:マクザム
時間:130分

●作品の概要
 
台湾映画史上歴代第1位となる興行収入を記録(台湾本国)し、あらゆる世代を
魅了した超ヒット作が待望のリリース。ままならない日常を生きる不器用な人間
たちの群像劇を描いた心温まる物語で、郷愁をかき立てられる恋愛ドラマをベー
スに、コメディや音楽といった多彩な要素を盛り込んで多くの観客の心を捉えた
珠玉作である。ヒットに伴う話題性に加え、その高い芸術性が評価されて、台湾
金馬奨で最優秀台湾映画賞をはじめとする6部門に輝き、台湾代表作品としてア
カデミー賞外国語映画賞にも出品された。監督・脚本は、名匠エドワード・ヤン
に師事し、本作品が長編映画デビューとなるウェイ・ダーション。また、台湾ポ
ップス界の人気スターで映画初主演となるファン・イーチェン、「頭文字D THE
MOVIE」「ピンポン」の田中千絵など多彩なキャストが出演。
なお、DVD化にあたり、日本語吹替と視覚障害者用日本語音声ガイドを収録。
 
★ストーリー
ミュージシャンとして成功するという夢を失い故郷の恒春に戻った青年、阿嘉アガ
(ファン・イーチェン)は、無為な日々を過ごした後、郵便配達の職に就いた。
そして、宛先不明で未配達となっている郵便物のなかに、日本統治時代の旧住所海角七号宛ての小包を見つける。
その中には、60年前に戦争が終わって台湾から引き揚げることになった日本人教師(二役:中孝介)が、台湾人女性を想って船上で綴った7通の恋文が入っていた。
折りしも阿嘉は、日本人歌手の中孝介を招いて催される町興しライブの前座として
駆りだされることになり、、、

● パソコンでの操作手順
ボイスメニュー(音声ナビ)が付いています。
(このDVDでは「ボイスメニュー」と言っています。)
また、デフォルトでボイスメニューが選ばれています。

★メディアプレーヤー
DVDが動き出すと、
レンタル版では、はじめにCM(新作紹介)が2本流れ、その後音声選択
メニュー画面に変わります。CMは「Ctrl+F」操作で飛ばすことができます。
(以下はセル版、レンタル版とも同じ操作です)
 
ボイスメニューか、通常メニューを選ぶ画面になります。
 
「このDVDにはメニュー操作画面での操作方法を音声にて解説する
ボイスメニュー機能が付いています。
ボイスメニューをご使用になる方は、
そのままの状態で、リモコンの決定ボタンを押して下さい。
通常メニューをご利用になる方は、
リモコン十字キーの上下ボタンにて
通常メニューをお選びください。」
操作を行うまで上記を繰り返し読み上げます。
(ただし、上下矢印キーおよびエンターキーでは、選択ができません。)
*Ver.11 Ver12 ではエスケープキーを一回押して下さい。
 
タブキーを押します。
(音声の反応はありません。)
最初のガイドが繰り返し読み上げられます。
(今は、ボイスメニューが選ばれています。)
エンターキーを押します。
(メインメニューに変わります。)
*Ver.11ではさらにタブキーを押して、
なお上下矢印キーで何が選択されているか御確認下さい。
 
#音声での確認
最初からボイスメニューが選ばれていますが、音声でも確認できます。
タブキーを押した後に下矢印キーを押します。
「通常メニューが選ばれています。」と聞こえます。
上矢印キーで
「ボイスメニューが選ばれています」と聞こえます。
そこでエンターキーを押して下さい。
 
(音声で確認 映画 海角7号 君想う国境の南DVDメインメニューです。)
三つの再生モードを選ぶ画面になります。
再生モード1は、日本語吹替版 視覚障害者対応日本語音声ガイドあり
聴覚障害者対応日本語字幕あり
再生モード2は、中国語 台湾語 日本語 オリジナル音声 日本語字幕あり
再生モード3は、日本語吹替音声 吹替用字幕あり
再生モード1を選びます。
(音声で確認 矢印キーで移動すると選んだモードを読み上げます。)
デフォルトで再生モード1が選ばれていますから、そのままエンターキーを
押すと、再生が始まります。
 
なお参考までに、四番目に通常メニュー(に戻る)があります。
 
すぐにMAXAMの画面ロゴと音楽が流れます。
 
しばらく(字幕の表現説明で20秒くらい)無音が続き、
 
1945年12月25日(男性の声)~
本編が音声ガイドつきで始まります。

★WinDVD
DVDが動き出すと、
レンタル版では、はじめにCM(新作紹介)が2本流れ、音声選択メニュー
画面に変わります。CMは「Ctrl+F」操作で飛ばすことができます。
(以下はセル版、レンタル版とも同じ操作です)
 
ボイスメニューか、通常メニューを選ぶ画面になります。
 
「このDVDにはメニュー操作画面での操作方法を音声にて解説する
ボイスメニュー機能が付いています。
ボイスメニューをご使用になる方は、
そのままの状態で、リモコンの決定ボタンを押して下さい。
通常メニューをご利用になる方は、
リモコン十字キーの上下ボタンにて
通常メニューをお選びください。」
 
操作を行うまで上記を繰り返し読み上げます。
(今は、ボイスメニューが選ばれています。)
エンターキーを押します。
(メインメニューに変わります。)
 
#音声での確認
最初からボイスメニューが選ばれていますが、音声でも確認できます。
まず、下矢印キーを押します。
「通常メニューが選ばれています。」と聞こえます。
上矢印キーで
「ボイスメニューが選ばれています」と聞こえます。
そこでエンターキーを押して下さい。
 
(音声で確認 映画 海角7号 君想う国境の南DVDメインメニューです。)
三つの再生モードを選ぶ画面になります。
再生モード1は、日本語吹替版 視覚障害者対応日本語音声ガイドあり
聴覚障害者対応日本語字幕あり
再生モード2は、中国語 台湾語 日本語 オリジナル音声 日本語字幕あり
再生モード3は、日本語吹替音声 吹替用字幕あり
再生モード1を選びます。
(音声で確認 矢印キーで移動すると選んだモードを読み上げます。)
デフォルトで再生モード1が選ばれていますから、そのままエンターキーを
押すと再生が始まります。
 
なお参考までに、四番目に通常メニュー(に戻る)があります。
 
すぐにMAXAMの画面ロゴと音楽が流れます。
 
しばらく(字幕の表現説明で20秒くらい)無音が続き、
 
1945年12月25日(男性の声)~
本編が音声ガイドつきで始まります。
 
(参考)
レンタル版の冒頭に入っているCM(新作紹介)
1.ソフィーの復讐:中国、ラブコメディ、チャン・ツィイー制作&主演
2.過速スキャンダル:韓国、ラブコメディ、チャ・テヒョン主演

●パッケージ説明
薄水色が次第に赤く染まっていく夕暮れ時の空。
上から水色や白、淡いオレンジ色やピンク色、金色と太陽の微妙な光のグラデーションがきれい。
その下に光を反射して金色に輝く静かな海。
 
空の上部左側には、海岸で足首まで海につかり笑顔で立っているワンピース姿の小島友子が写ったセピア色の写真が1枚と、台湾の最南端にある恒春郡海角7番地と書かれた(日本名)小島友子宛ての茶封筒が数通。
その上に手書きの楽譜と消印のスタンプ画像が重ねられている。
茶封筒の上にある回想シーンは、男性数名とともに日本に帰る船を見送る白いベレー帽の小島友子の姿。
その右には引揚げ船のデッキに座り、中折れ帽にスーツ姿で小島友子あてに手紙を書く日本人教師。
画面下には、夕暮れに金色に染まった海岸で、白いシャツにジーンズ姿の主人公の阿嘉(アガ)が、バンドのマネージャー友子の肩に腕をまわしてぎゅっと抱きしめている。
友子はベージュの半そでブラウスに白いスカート、ベージュの大きなバッグを肩にかけている。
この仕事が終わったら日本に帰ろうとしている友子を、阿嘉が帰るなと引き止めている場面。
 
写真と封筒の右側には以下数行の白い文字。
 
今はない住所
「海角七号」に届いた
七通のラブレター。
台湾の海辺の町と
日本をつなぐ切ない恋は
60年の時を越える。
 
真ん中に大きく太字のタイトル文字が2行。少し濁った青緑色。
上に「海角七号」。海角と七号の間に小さな白いひらがな文字
「かいかくななごう」。
下にやや小さめの文字で「君想う、国境の南」。

●担当者からの感想
最初にアジア、終戦と言うキーワードにまつわる凄惨な感じはありませんでした。
前半では、あっちこっちでイライラが募り爆発。
即席バンドは空中分解?
そして、タオル必須のラストシーンへなだれ込んで行きました。
(タオルはハンカチでは余る涙を拭くためで、汗拭きではありません。)
また、個性派揃いの出演者で笑えるシーンも満載です。
全体に漂う優しい雰囲気、人を想う気持ちが作品から伝わってくる感じでとってもお勧め!
私的には観終わって、とっても後味の良い作品でした。
(って、心身清涼!?)
台湾での空前の大ヒット作品と言うことに納得でした。(By BR)
 
そして何と今、マクザム(DVD販売元)のダイレクトショップからDVDを購入する
と、劇中に出てくる粟酒(マラサン 100cc)が一本付いてくるようです。
(数には限りがあるようですので御注意を!) http://www.maxam.jp/kaikaku7/item.html
ちなみにマラサンは、泡盛ではありません。台湾の伝統的な粟から作られるお酒です。

● DVD調査隊よりお知らせ
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
みなさんからのご意見をもとに、今後の要望も含めて配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか、
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、
何でも自由に教えてもらませんか?
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みに
なりますので、そちらもぜひお願いします。
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。