操作レビュー: ACACIA -アカシア-

こんばんは、DVD調査隊 まなちゃんです。

毎朝冷え込むようになって、マフラーが活躍する季節になりましたね。
冬に入ったなぁ。

しかし、寒さなんて、何のその!
いつでも熱く燃えてるぜ。1、2、3、ダー!!
でおなじみのアントニオ猪木さんの主演映画
「アカシア」のDVD操作レビューをお届けします。

----------------------------------------
● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・担当者からの感想
・調査隊よりお知らせ

大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
【注意】
この作品は、韓国映画「アカシア」(2003:心理ホラー作品)
とは全く別の作品となります。ご注意下さい。
 
タイトル: ACACIA-アカシア
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: ビターズ・エンド
監督: 辻仁成(つじ じんせい)
出演: アントニオ猪木(あんとにお いのき)、石田えり(いしだ えり)、
林凌雅(はやし りょうが)、北村一輝(きたむら かずき)、坂井真紀(さか
い まき)、川津祐介(かわず ゆうすけ)

★製品内容
DVD発売日: 2010年11月5日
販売元: 竹書房
時間: 100分
販売価格: 3990円
 

●作品の概要
アントニオ猪木映画初主演作!
息子を失った男と、親の愛情を知らない少年。二人の絆と希望の物語。

★ストーリー
さびれた団地で穏やかに余生を過ごす元覆面プロレスラーの大魔神(アントニオ猪木)。彼は息子に充分な愛情を注げなかった悔いを胸の底に秘めて生きてきた。
そんな彼の家に転がりこんできた少年、タクロウ(林凌雅)。母親に置き去りにされ、誰にも心を許さないタクロウが、大魔神の前ではなぜか素直になれた。あたたかな住人たち、そして函館の海とアカシアの木々に見守られ、束の間、親子のように暮らすふたり。
かけがえのない時を重ねるうち、それぞれが本当の家族と再会し、過去の痛みを乗り越える勇気を手にしていく。
 

● パソコンでの操作手順
 
音声ナビ(操作を案内するガイド)が付いています。
また、デフォルトで音声ガイドによる自動再生が選ばれています。
レンタル版とセル版に差は有りませんでした。

★メディアプレーヤー
 
DVDが動き出すと、
すぐにリズミカルな音楽が流れ、画面では
アルファベットの文字が弾んだ後
TakeShobo(タケ ショボウ)という名前に整列します。
その後、音声で
「この作品には、ガイド音声が収録されています。
ガイダンス終了後、ガイド音声付きで自動再生されます。
音声を切り替えたい場合は、メインメニューをお選びください。
もう一度このガイダンスを見るときは、ディスクを入れ直して下さい。」
(Ver.11 Ver.12は一回エスケープキーを押して下さい。)
 
「制作
スカンヂナビア
竹中グリーンプロジェクト
jinsei film syndicate(ジンセイ フィルム シンジケート)
ウォーターワン
 
雑草の生い茂る草むらに、白いシャツを着た大男が立っている。
すぐそばに長屋住宅の団地、赤いトタン屋根が連なる」
 
本編が音声ガイドつきで始まります。
 

★WinDVD
 
DVDが動き出すと、
すぐにリズミカルな音楽が流れ、画面では
アルファベットの文字が弾んだ後
TakeShobo(タケ ショボウ)
という名前に整列します。
その後、音声で
「この作品には、ガイド音声が収録されています。
ガイダンス終了後、ガイド音声付きで自動再生されます。
音声を切り替えたい場合は、メインメニューをお選びください。
もう一度このガイダンスを見るときは、ディスクを入れ直して下さい。」
 
「制作
スカンヂナビア
竹中グリーンプロジェクト
jinsei film syndicate(ジンセイ フィルム シンジケート)
ウォーターワン
 
雑草の生い茂る草むらに、白いシャツを着た大男が立っている。
すぐそばに長屋住宅の団地、赤いトタン屋根が連なる……」
 
本編が音声ガイドつきで始まります。
 

● DVDプレーヤーでの操作手順
 
このDVDには音声ナビが収録されておりますので、
ナビゲーションにしたがって操作してください。
 

●パッケージ説明
 
画面の上部3分の1は、アカシアの木々の新緑の葉に降り注ぐ、輝く木漏れ日。
光に包まれたまぶしくさわやかな背景の下部に薄茶色の大きなタイトル文字
「ACACIA」。
二つ目の「C」の中に小さなカタカナで「アカシア」と入っている。
その上に同じ色の小さな文字で3行、映画の紹介文。
「アントニオ猪木初主演作品 主人公と重なる人生、”あるがままに”演じた意
欲作!」
 
タイトル部分の下、画面の下部3分の2は部屋の中にいる主役二人の写真。
後ろ側にソファ、タンス、折りたたみ椅子、ポスターなどが貼られた壁がぼんやり見える。
畳の床に座って、お互いに顔を見合わせ楽しそうに笑っている二人。
左側に元プロレスラー大魔神役のアントニオ猪木(アントニオ いのき)。
右側にタクロウ役の子役、林凌雅(はやし りょうが)。
 
大魔神はやや長めの白髪に小さな茶色いフレームのメガネをかけている。
白い長袖シャツにジーンズ。あぐらをかいた片方の膝に両手を合わせてのせている。
目尻に皺を寄せ、うれしそうな表情の横顔。
 
タクロウは大魔神の横にちょこんと寄り添い、満面の笑みで大魔神を見上げている。
緑と白と水色のボーダーの半袖Tシャツに、ジーンズの短パン。
膝の上に、左手で持った白いゲーム機をのせている。
楽しそうに何かを報告しているような明るい表情。
 

●担当者からの感想
 
作品には「1、2、3、ダァー!」的な高揚感は無く、
出演者が揃って下を向いている作品なようで、
音声ガイドも「目を伏せる」「うつむく」、「肩を落とす」などが、
至る所で使われてます。
また、大魔神がチマチマと裁縫をするシーンがあるのですが、
お決まりのように指に針を刺します。
刺さった指から血が出て、それを騒ぐでも無く、眺めているだけ、
何か寂しいです。
唯一笑えたのが学校の校庭で、ある男にプロレスを教えるシーン、十八番が出ます。
大魔神は元プロレスラーなのでプロレスを通して周囲を変えていきます。
ただ、大魔神の過去にはプロレスがトラウマになっていて、
全てがプロレスでは解決しません。
それを救うのは?
函館山を望む静かな街で繰り広げられる、一夏の物語です。
アカシアが咲く頃、
大魔神、少年はどうなるのでしょう?
アカシアはものの本によると関東以北では育たないとか?
では作品に出てくるアカシアは?
大魔神役のアントニオ猪木さん、冒頭の「コラァー!!」の台詞、迫力がありキラッと光ってました。
また、一流のプロレスラーはホウキを相手に試合ができるそうで、
やっぱり猪木さん、プロレスでは超一流だったんですね。
このDVDは、ディスクを入れるだけで音声ガイド付きで鑑賞できる数少ない、「再生手間要らず、楽々調査隊タイプ」です。
ガイド音量も丁度良いバランスになっていると想います。(BR)


● DVD調査隊よりお知らせ
 
DVD調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ちしております。
みなさんからのご意見をもとに、今後の要望も含めて配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか、
「こんな風にしてもらえたら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、何でも自由に教えてもらませんか?
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みになりますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
 
みなさんからの、お便りをお待ちしております!

カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。