牛の鈴音(すずおと)

2008年/韓国映画/78分/ドキュメンタリー
監督・脚本・編集: イ・チュンニョル
出演: チェ・ウォンギュン,
イ・サムスン
発売日: 2010年9月8日
価格: 5040円
販売元: バップ
海外での題名: Old partner

作品紹介:
農夫のチェ爺さん、長い間一緒に働いてきた牛がいる。牛の寿命は15年と言われ
てるが、チェ爺さんの牛は40年も生きている。
爺さんはお婆さんと二人暮らしで、農作業を休む事も無く、苦労は絶えず、お婆
さんの不平不満は尽きない。新しい雌牛を買ったが老いぼれ牛も捨てられず、爺
さんは黙々と世話をする。
そんな爺さんは頭が痛いと時折つぶやくようになり、医師から働くのを控えなさ
いと忠告される。忠告を無視して働き続け収穫の秋を迎えるが…。
ひとこと:
大きな事件、政治的メッセージは無く、美しく格好いい若者もでてきません。描
かれるのは、腰の曲がった老人二人と一頭の牛のみ、老いぼれ牛の動きのように、
すべてはゆっくりとしています。
イ・チュンニョル監督が、3年余りの月日をかけて完成させたドキュメンタリー
が韓国映画界に奇跡をおこします。2009年1月に7館で封切られ、口コミで全国15
0館に拡大します。公開7週目、8週目には大手メジャー作品を抑えて2週連続興行
成績ベスト1となり、累計約300万人動員という驚異的な記録を達成します。
韓国の美しい四季を通して、静かな時の流れを感じさせる本作で「牛の鈴症候群」
を体験してみませんか?

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。