まぼろしの邪馬台国

製作: 2008年 日本
監督: 堤幸彦
出演: 吉永小百合、 竹中直人、 窪塚洋介、 風間トオル、 平田満、 柳
原可奈子、 黒谷友香、 麻生祐未、 綾小路きみまろ他
発売日: 2009年5月21日

吉川英治文化賞受賞のベストセラーを、吉永小百合と竹中直人の顔合わせで映画
化した夫婦愛ストーリー。邪馬台国の探究に情熱を注いだ盲目の文学者・宮崎康
平と、彼の目となり支え続けた妻・和子の人生を描き出す。 

【解説】
「あなたと過ごした毎日は、本当に幸せだった」/宮崎和子は、昭和40年代に全
国に邪馬台国ブームを起した盲目の文学者・宮崎康平の妻である。康平と過ごし
た日々は、周囲からは辛いと思われていたかも知れない。だが、和子はその執念
を守り、いっしょに育てていった。宮崎康平。その名は島原の人間なら知らない
ものはいない。長崎県・島原鉄道の元役員であり、素人離れした郷土史研究家、
文学家、また「島原の子守唄」などの詩作者でもあった。さだまさしの「関白宣
言」に、影響を与えた人物ともいわれる。しかし、学者というよりも独断的な言
動や、突飛な行動から破天荒な男として名が通っていた。和子は、福岡の放送局
で康平と出会い、変わり者といわれてはいても、どこか憎めない人物像に誘われ
るまま、島原へ向かい康平の手伝いをするようになる。昭和32年、災害の際に土
器の破片を見つけたことを機に、康平の郷土愛は、「邪馬台国」探求の熱になる。
和子は、目の見えない康平に古代の史書・魏志倭人伝、日本書紀、古事記などを
読み聞かせ、九州各地に康平の目となり、杖となり、共同で「まぼろしの邪馬台
国」を著した。この本はベストセラーとなり、後年、第一回吉川英治文化賞を受
賞する。

まぼろしの邪馬台国 [DVD]をAmazonで購入される場合はこちらからどうぞ

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。