図書館戦争

タイトル: 図書館戦争
製作念: 2013
製作国: 日本
配給: 東宝
監督: 佐藤信介(さとう しんすけ)
出演:岡田准一(おかだ じゅんいち)、榮倉奈々(えいくら なな),
田中圭(たなか けい)、福士蒼汰(ふくし そうた)、他
DVD発売日: 2013年11月13日
販売元: 角川書店
販売価格: 3360円
時間: 128分

●内容紹介
「フリーター、家を買う。」「阪急電車」「県庁おもてなし課」「空飛ぶ広報室」
など数々の人気作品を生み出している有川浩(ありかわ ひろ)の累計400万部
突破のベストセラー、待望の実写化! 
<ストーリー>
あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。
公序良俗を乱す表現を取り締まるために武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。
そんな時代でも読書の自由を守るため、検閲に対抗すべく生まれた図書館の自衛
組織「図書隊」に笠原郁が入隊する。高校時代に自分を助けてくれた、顔も覚え
ていない図書隊員の“王子様"に憧れての入隊だった。
堂上篤はことあるごとに厳しく指導する鬼教官で、郁の憧れの王子様のことも
「あさはかで愚かだ」とバッサリ。
激しく反発する郁だが、堂上は突き放しながらも絶妙のタイミングでフォローを
入れつつ郁を育てる。
その厳しい訓練のおかげか、郁は女性初の図書特殊部隊に配属される。
カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。