明日への遺言

明日への遺言
製作年: 2007年 
製作国: 日本 
監督:小泉堯史(こいずみ たかし)
原作者: 大岡昇平(おおおか しょうへい)
出演者: 
 藤田まこと(ふじた まこと)、富司純子(ふじ すみこ)、
 ロバート・レッサー、フレッド・マックイーン、西村雅彦(にしむら まさひこ)、
 蒼井優(あおい ゆう)、田中好子(たなか よしこ)
DVD発売日: 2008/08/08 
収録時間: 110分
販売元: 角川エンタテインメント 

内容紹介:
愛する人へ 遺したいものがある
全国劇場約200館公開、若者からシニア層まで幅広い客層を集めて興収8億円の大ヒット!
日米の心を動かした実話―「法戦」を戦い抜いた東海軍司令官・岡田資(たすく)中将の
誇り高き生涯を描く!
主演は藤田まこと。超豪華な共演陣は、富司純子、西村雅彦、蒼井優、田中好子
ナレーターは竹野内豊。
原作は大岡昇平の「ながい旅」!映画公開後に増刷決定

【ストーリー】
第二次世界大戦終了後、元東海軍司令官・岡田資中将は、名古屋空襲時における
一般民衆への無差別爆撃を実行した米軍搭乗員処刑の罪に問われ、
B級戦犯として裁判にかけられた。
岡田中将の弁護人であるフェザーストーンと相対するバーネット検察官、裁判長
のラップ大佐をはじめ、裁判を行うのは戦勝国アメリカ。そんな中、岡田中将は、
自己の信念を曲げることなく、すべての責任は指示を下した自分にあると主張。
法廷闘争を法における戦い「法戦」と呼び、飽くまで戦い抜こうと立ち向かう。
部下を守り全責任を負う覚悟を見せる岡田中将の潔い姿は、次第に、敵国の検事
や裁判官をはじめ法廷内にいるすべての人を魅了し心動かしていく・・・・。
カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。