やっぱり土曜は寅さん!『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』恋愛指南失敗!?とらや大爆発

シリーズも二十作目を迎えた今回は、ヒロインの他に青年が登場し、寅さんと共に騒動をまきおこす。脚本は「幸福の黄色いハンカチ」の山田洋次と同作の朝間義隆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。
【製作年】1977年
【監督】山田洋次(ヤマダヨウジ)
【出演(俳優名:役名の順)】
渥美清(アツミキヨシ):車寅次郎
倍賞千恵子(バイショウチエコ):さくら
下絛正巳(シモジョウマサミ):竜造
三崎千恵子(ミサキチエコ):つね
太宰久雄(タザイヒサオ):社長

ザ・ファイター

80〜90年代に活躍したプロボクサー、ミッキー・ウォードとその異父兄との兄弟愛を描く実話をベースにした感動ドラマ。一度はボクサーとしての大成を諦めるも、兄の支えで世界の頂点を目指すミッキーをマーク・ウォールバーグが熱演。その兄を13キロ減量し、歯並びを変えたり髪の毛を抜いて怪演するクリスチャン・ベールにも注目。
【製作年】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】デヴィッド・O・ラッセル
【出演(俳優名:役名の順)】
マーク・ウォールバーグ:ミッキー・ウォード
クリスチャン・ベール:ディッキ―・エクランド
エイミー・アダムス:シャーリーン・フレミング
メリッサ・レオ:アリス・ウォード
ジャック・マクギー:ジョージ・ウォード

ディセンダント

ディズニー・ヴィランズの子どもたちが主人公のオリジナル・ムービー。悪名高き親を持つがゆえの葛藤や彼らの心の成長、友情、そして初恋を、圧巻の歌とダンスが彩ります。

ALWAYS 三丁目の夕日’64

映画
「ALWAYS」シリーズ第3弾!どんなに時代が変わっても、夢があるから、前を向ける。昭和39年を舞台に、もう一度三丁目のみんなと一緒に泣いて、笑ってみませんか。

沈黙の奪還

スティーブン・セガールの“沈黙”シリーズ。気功術の使い手でもある元CIA工作員が、ルーマニアで何者かに誘拐された愛娘を救おうと一大バトルを繰り広げる!
【製作年】2006年
【製作国】アメリカ
【監督】ミヒャエル・ケウシュ
【出演(俳優名:役名の順)】
スティーヴン・セガール:ジャック・フォスタ
エヴァ・ポープ:アニャ
スカイ・ベネット:アマンダ・フォスタ
イメルダ・スタウントン:コクラン大使
ミシェル・エラウィン:特別捜査官のジョジ

<BSフジ日曜シアター>映画『フェイス/オフ』

凶悪犯とFBI捜査官がお互いの顔を入れ替えて戦うという、異色の設定のアクション大作。監督は「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー。「ブロークン・アロー」に続く本作は、荒唐無稽なアイディアを、ド派手な銃撃戦と抒情溢れる描写で見せ、「ヴァイオレンスの詩人」の異名をとる、彼の集大成とも言える仕上り。
【製作年】1997年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・ウー
【出演(俳優名:役名の順)】
ジョン・トラヴォルタ:Sean Archer
ニコラス・ケイジ:Castor Troy
ジョアン・アレン:Eve Archer
アレッサンドロ・ニヴォラ:Pollux Troy
ジーナ・ガーション:Sasha Hassler

トゥームレイダー

「コン・エアー」の監督サイモン・ウエストが、人気ゲームを映画化したアクション・アドベンチャー。パワフルでセクシーなヒロイン・ララを人気女優アンジェリーナ・ジョリーが好演。
【製作年】2001年
【製作国】アメリカ
【監督】サイモン・ウェスト
【出演(俳優名:役名の順)】
アンジェリーナ・ジョリー:Lara Croft
ジョン・ヴォイト:Lord Croft
イアン・グレン:Powel
ノア・テイラー:Bryce
ダニエル・クレイグ:Alex

あ・うん

昭和初期、東京・山の手を舞台に中年実業家の友情を描く。向田邦子原作の同名小説の映画化で、脚本は「座頭市」の中村努が執筆。監督は「極道の妻たち 三代目姐」の降旗康男、撮影は同作の木村大作がそれぞれ担当。
【製作年】1989年
【監督】降旗康男(フルハタヤスオ)
【出演(俳優名)】
上田耕一(ウエダコウイチ)
八木昌子(ヤギマサコ)
稲垣昭三(イナガキショウゾウ)
小林勝彦(コバヤシカツヒコ)
三谷昇(ミタニノボル)

マトリックス レボリューションズ

独創的イマジネーションと哲学的思想を盛り込んだ人気SFシリーズ完結編。マシーンに支配された人類たちの自由を求める最終決戦を、斬新なVFX&アクション満載で描き出す。
【製作年】2003年
【製作国】アメリカ
【監督】ラリー・ウォシャウスキー
【出演(俳優名:役名の順)】
キアヌ・リーヴス:Neo
ローレンス・フィッシュバーン:Morpheus
キャリー=アン・モス(キャリー・アン・モス):Trinity
ヒューゴ・ウィーヴィング:Agent Smith
ジェイダ・ピンケット=スミス:Niobe

トゥームレイダー2

人気ゲームをアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化したアクション作の続編。今回は人類を滅亡に導くという“パンドラの箱”をめぐり、世界を股にかけた、危険な戦いが描かれる。
【製作年】2003年
【製作国】アメリカ
【監督】
【出演(俳優名:役名の順)】
アンジェリーナ・ジョリー:Lara Croft
ジェラルド・バトラー:Terry Sheridan
シアラン・ハインズ:Jonathan Reiss
ジャイモン・ハンスゥ:Kosa
ノア・テイラー:Bryce

ディープ・ブルー

午後ロード海のアクション!知能を持った人食いザメ
DNA操作により人間以上の知能を持ったサメが誕生!奴らに翻弄されながら海上脱出を図る研究員たちの運命は!?恐怖、絶叫、そして…絶望。驚異の海洋パニック!(1999年/米)

シネマクラッシュ『パーフェクト ワールド』イーストウッド無双!切ない人間ドラマ

脱獄犯と人質の少年との交流、そして男を追う警察署長の苦悩を描いた犯罪ドラマ。「ボディガード(1992)」のケヴィン・コスナーが主演し、「ザ・シークレット・サービス」のクリント・イーストウッドが監督・出演と、二大スターの初顔合わせが話題を呼んだ。イーストウッドの主宰するマルパソ・プロ作品で、製作のデイヴィッド・ヴァルデス、撮影のジャック・N・グリーン、音楽のエニー・ニーハウス、美術のヘンリー・バムステッド、編集のジョエル・コックス、スタント・コーディネーターのバディ・ヴァン・ホーンなど主要スタッフは、「許されざる者(1992)」をはじめとするイーストウッド作品の常連で占められている。
【製作年】1993年
【製作国】アメリカ
【監督】クリント・イーストウッド
【出演(俳優名:役名の順)】
ケヴィン・コスナー:Butch Haynes
クリント・イーストウッド:Red Garnett
ローラ・ダーン:Sally Gerber
T・J・ロウサー:Phillip Perry
キース・サラバージャ:Erry Pugh

ウォーターワールド

地球温暖化により全ての陸地が水没した未来の世界を舞台に、海賊たちと戦う一匹狼の戦士の活躍を描いたSFアクション。総製作費に史上最高の1億7千万ドルを費やした超大作。監督は「モアイの謎」のケヴィン・レイノルズ。製作は「フィールド・オブ・ドリームス」のチャールズ・ゴードン、「リッチー・リッチ」のジョン・デイヴィス、主演のケヴィン・コスナーの共同。
【製作年】1995年
【製作国】アメリカ
【監督】ケヴィン・レイノルズ
【出演(俳優名:役名の順)】
ケヴィン・コスナー:Mariner
デニス・ホッパー:Deacon
ジーン・トリプルホーン:Helen
ティナ・マジョリーノ:Enola
マイケル・ジェッター:Gregor

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

伝説のスナイパーの活躍を描いたトム・ベレンジャー主演によるアクションの11年ぶりとなる続編。息を殺して狙撃の時を待つ際の緊迫描写に加え、二転三転するストーリーがスリリング!
【製作年】2002年
【製作国】アメリカ
【監督】
【出演(俳優名:役名の順)】
トム・ベレンジャー:Thomas Beckett
ボキーム・ウッドバイン:Cole
エリカ・マロジャーン:Sophia
タマス・ブスカ:Pavel
Dan Butler:Eckles

「トランスポーター2」

どんな荷物もOK、秘密厳守の運び屋フランクの活躍を描いた大ヒット・シリーズ第2弾。舞台をヨーロッパからアメリカへ移し、前作以上にパワーアップしたアクションが炸裂!
【製作年】2005年
【製作国】フランス アメリカ
【監督】ルイ・レテリエ
【出演(俳優名:役名の順)】
ジェイソン・ステイサム:フランク・マーティン
アレッサンドロ・ガスマン:ジャンニ
アンバー・ヴァレッタ:オードリー・ビリングス
ケイト・ノタ:ローラ
マシュー・モディン:ジェファーソン・ビリングス

アメイジング・スパイダーマン2

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が、アンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』の新シリーズの第2作。宿敵グリーン・ゴブリン、高圧電流を操るエレクトロ、サイ型のパワードスーツを身につけたライノという3人の強力な敵の出現に、ニューヨークを守るべくスパイダーマンが立ち向かう。
【製作年】2014年
【製作国】アメリカ
【監督】マーク・ウェブ
【出演(俳優名:役名の順)】
アンドリュー・ガーフィールド:ピーター・パーカー
エマ・ストーン:グウェン・ステイシー
ジェイミー・フォックス:マックス・ディロン
デイン・デハーン:ハリー・オズボーン
キャンベル・スコット:リチャード・パーカー

やっぱり土曜は寅さん!『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』寅さんスターに一目ぼれ

シリーズ二十一作目の今回は、マドンナ役に迎えられた木の実ナナが得意の歌と踊りを披露するほか武田鉄矢が寅さんと一緒に騒動をまきおこす。脚本は「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」の山田洋次と朝間義隆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれを担当。
【製作年】1978年
【監督】山田洋次(ヤマダヨウジ)
【出演(俳優名:役名の順)】
渥美清(アツミキヨシ):車寅次郎
倍賞千恵子(バイショウチエコ):さくら
下絛正巳(シモジョウマサミ):車竜造
三崎千恵子(ミサキチエコ):車つね
太宰久雄(タザイヒサオ):社長