「100人の子供たちが列車をまっている」モニターにて

まっきー@sakamです。

今回の6月4日の映画祭のオープニングを飾るのは、
「100人の子供たちが列車をまっている」です。
タイトルから子供たちが列車にのって、どこかへ行ったストーリーかと思ってい
たら、見事に裏切られました。
これはただ列車を待っているのではなくて、世界の映画史のオープニングのこと
を意味していたのです。
これだけでは何の意味かわかりませんね。

それは、映画祭で実際にご覧になれば、
何のことをいっているのかがわかるでしょう(笑顔)。

この音声ガイドを作ったのが、まつたか氏(うじ)率いる鉄の結束の(?)
というよりはモヤーッとした「虹とねいろプロジェクト」軍団なんです。
そこに初々しい若武者が、モニターとして初陣を飾りました。

「タイトルにドキュメンタリーと付けたら、どんな映画かすぐにわかる」。
わーっ、そういう新鮮な発想は、どこから生まれてくるのかな。カワイイ!
今までにこんな発想していたことがあったかな。
そういえば、もう大昔になったような気がするんだけど、初めてドキュメンタ
リーを観たとき、口には出なかったけど、同じことを考えていたことがあった。
ということは、私もかわいいのだ!

お願いだから、初々しい「若武者」のままでいてほしい。
それは夢のまた夢。見果てぬ夢なのでしょうね(自問自答)。
次に会うときは、まつたか軍団に鍛え上げられ、「古強者(ふるつわもの)」に変
貌していることでしょうね。
それもまた楽しい。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。