夕凪の街 桜の国

タイトル: 夕凪の街 桜の国
製作年: 2007年
製作国: 日本
配給: アートポート
監督: 佐々部清(ささべ きよし)
出演: 田中麗奈(たなか れいな),藤村志保(ふじむら しほ),
伊崎充則(いさき みつのり), 麻生久美子(あそう くみこ),
堺正章(さかい まさあき)

★製品内容:
DVD発売日: 2008年3月28日
販売元: 東北新社
時間: 118分
販売価格: ¥4,935

● 作品の概要
広島原爆投下から10年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る
原爆の影響を描いた、こうの史代原作『夕凪の街 桜の国』。韓国、フランス、
アメリカ、オーストラリアなど十カ国で出版され、
海外でも注目を集める感動の物語が遂に実写映画化。
 
<ストーリー>
「夕凪の街」 昭和33年、復興が進む広島で、平野皆実(麻生久美子)は母親・フ
ジミ(藤村志保)と貧しくも平穏に暮らしている。弟・旭(伊崎充則)は戦時中に水
戸へと疎開し、そのままおば夫婦の養子になっていた。ある日、皆実は会社の同
僚・打越(吉沢悠)から愛の告白を受ける。しかし、原爆で自分が生き残った罪悪
感を感じる皆実は幸せに飛び込んでいけない。そんな皆実の思いを打越は優しく
包み込む。
「桜の国」 平成19年、夏の東京。定年退職した旭(堺正章)と一緒に暮らす娘の
七波(田中麗奈)は、父親の最近の行動を心配していた。今夜も一人、家族に内緒
で出かけていく旭のあとをつけてみると、広島へと行き着く。七波は広島で旭が
立ち寄る先や会う人々を遠目に見ていくうちに、亡くなった祖母・フジミや伯母
・皆実へ思いをめぐらせる。七波は家族や自分のルーツを見つめ、広島でかけが
えのない瞬間をすごしていく。

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。