博士の愛した数式

監督: 小泉堯史(こいずみ たかし)
主な出演者: 寺尾聰(てらお あきら)、深津絵里(ふかつ えり)、
   斉藤隆成(さいとう りゅうせい)、浅丘ルリ子(あさおか るりこ)
   吉岡秀隆(よしおか ひでたか)
原作:小川洋子(おがわ ようこ)作(第55回読売文学賞を受賞)
DVD発売日: 2006年7月7日 定価: 4,935円 (税込)
音声:日本語:DD(5.1chサラウンド)/視覚障害者用音声ガイド:DD(モノラル)
字幕:マルチ字幕(聴覚障害者対応日本語/英語)
時間: 117 分

★セル版には
 博士の愛した数式 特別版 <通常仕様>というものと<初回生産仕様>
というものがあるようです。
<初回生産仕様>が終了しだい
アウターケースのつかない<通常仕様>に切り替わります。
(DVD自身は同じものです)

★解説
ある日、若いシングルマザーの家政婦は、
ここ数年間で担当が9人も替わったという顧客を紹介される。
彼女を迎えた母屋に住む未亡人は、世話をするのは離れに暮らす義弟であるこ
と、そして、義弟は事故で記憶が80分しか持たないことを説明する。
こよなく数学を愛し、他に全く興味を示さない博士に、少なからず困惑する家政
婦。
ある日、彼女に10歳の息子がいることを知った博士は、
幼い子供が独りぼっちで母親の帰りを待っていることに居たたまれなくなり、
次の日からは息子を連れてくるようにと言う。
次の日連れてきた息子の頭を撫でながら、博士は彼を「ルート」と名付け、
その日から3人の日々は温かさに満ちたものに変わってゆく・・・。

博士の愛した数式 [DVD]をAmazonで購入する場合はこちらからどうぞ

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。