操作レビュー: 出口のない海

皆さま、こんばんは、
DVD調査隊のYZです。

あっという間に正月も過ぎてしまいましたが、皆さま
お元気でお過ごしですか?

今回ご紹介するDVDは、あの海老蔵が2006年に主演した
「出口のない海」の音声ガイド付きDVDの操作レビュー
をお送りいたします。
いろいろありましたが、彼には華(はな)がありますね。

以下、DVD「出口のない海」を音声ガイドで鑑賞するまでの
手順などを紹介します。

● もくじ ●
・基本情報
・製品内容
・作品の概要
・パソコンでの操作手順メディアプレーヤーWinDVD)
・DVDプレーヤーでの操作手順
・パッケージ説明
・調査隊担当者の感想
・調査隊よりお知らせ
 
大見出しには ●を、小見出しには ★ をつけています。

●基本情報
タイトル:出口のない海
製作年:2006年
製作国:日本
監督:佐々部清(ささべ きよし)
製作:久松猛朗(ひさまつ たけお)
脚本:山田洋次(やまだ ようじ) 冨川元文(とみかわ もとふみ)
原作:横山秀夫(よこやま ひでお)
出演者:市川海老蔵(いちかわ えびぞう)、伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)、
永島敏行(ながしま としゆき)、平泉成(ひらいずみ せい)、
三浦友和(みうら ともかず)、黒田勇樹(くろだ ゆうき)、
平山浩行(ひらやま ひろゆき)、上野樹里(うえの じゅり)、
田中実(たなか みのる)、伊崎充則(いさき みつのり)、
尾高杏奈(おだか あんな)、塩谷瞬(しおや しゅん)、
古手川祐子(こてがわ ゆうこ)、香川照之(かがわ てるゆき)、
高橋和也(たかはし かずや)、柏原収史(かしわばら しゅうじ)
 
★製品内容
DVD発売日: 2007年2月23日
販売元: ポニーキャニオン
販売価格:3,990円
ディスク枚数: 1
時間: 121 分

●作品の概要
2006年に市川海老蔵が初出演した映画で、特攻隊員である主人公の心を
丁寧に描いています。零戦特攻ほど広く知られていませんが、その歴史
を残す意味でも貴重な映画となっています。
 
★ストーリー
1945年4月主人公の並木は、敗戦が予感される状況で、志願した極秘任務
を果たそうと一隻の潜水艦に乗り込んでいく。
彼は人間魚雷“回天”の特攻隊員として、自分の命を捧げるのだ。
野球ボールを握る彼の胸に、高校時代は甲子園優勝投手として周囲の注目
を集め、大学に進学して肩を痛めたが、魔球を投げる夢をあきらめなかった
ことがよみがえる。

● パソコンでの操作手順
DVDを入れると本編が始まり、その後に音声ガイドに切り替えるタイプです。

★メディアプレーヤー
セル版ではDVDが動き出すと音楽が流れ、
SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
 
一方、レンタル版では、冒頭には6本の新作情報が入っており、
その後に音楽が流れ、SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
(新作情報は、CTRL+F操作でスキップできます。
 また、新作情報の題名を最後に紹介しています。)
 
Ver.11、12はエスケイプキーを一回押して下さい。
(本編開始まで約30秒あります。)
 
再生を止めます。
(ショートカットキーは Ctrl+P です。)
オルトキーを押し、メニューバーから、
再生、オーディオおよび言語トラックと進み、エンターキーを押します。
(「日本語 チェック」と聞こえます。)
下矢印キーを1回押し、二番目の日本語を選んでエンターキーを押します。
(選択肢は、日本語・日本語・既定値の3つです。)
 
再び再生します。
(ショートカットキーは Ctrl+P です。)
 
以下のように本編が音声ガイド付きで鑑賞できます。
 
「松竹
(若干、間があり、音楽と同時に)
海中。
青く光る海面に浮かぶ黒い船底から落ちてくる無数の光る物体。
 
タイトル「出口の無い海」 ……。」

★WinDVD
セル版ではDVDが動き出すと音楽が流れ、
SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
 
一方、レンタル版では、冒頭には6本の新作情報が入っており、
その後に、音楽が流れ、SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
(新作情報は、PageDownボタン押し操作でスキップできます。
また、新作情報の題名を最後に紹介しています。)
 
再生を止めます。
(ショートカットキーは space です。)
アルファベットの「A」を押します
下矢印キーでオーディオメニューと聞こえます。
さらに下矢印キーで「日本語 チェック」と聞こえます。
下矢印キーで次の「日本語」を選びエンターキーを押します。
(選択肢は二つです。)
 
再び再生します。
(ショートカットキーは space です。)
 
以下のように本編が音声ガイド付きで鑑賞できます。
 
「松竹
(若干、間があり、音楽と同時に)
海中。
青く光る海面に浮かぶ黒い船底から落ちてくる無数の光る物体。
 
タイトル「出口の無い海」 ……。」

● DVDプレーヤーでの操作手順
セル版ではDVDが動き出すと音楽が流れ、
SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
 
一方、レンタル版では、冒頭には6本の新作情報が入っており、
その後に音楽が流れ、SHV(松竹ホームビデオ)のロゴがあらわれます。
(新作情報はスキップできます。
また、新作情報の題名を最後に紹介しています。)
 
無音の提供会社画面と松竹の画面が約30秒続きます。
その後、オープニング音楽が流れてきたらすぐにリモコンの音声ボタン
を2度押して、音声ガイドモードに切り替えてください。
(音声モードは通常音声と音声ガイドの2つなので、音声ガイドモード
に切り替わるまでボタンを押してください。)
 
参考:レンタル版の新作紹介6本の題名、(出演者)、制作国
・蒼き狼 ?地果て海尽きるまで~(反町隆史)日本
・俺は、君のためにこそ死ににいく(徳重聡)日本
・武士の一分(木村拓哉)日本
・夜のピクニック(多部未華子)日本
・フラガール(松雪泰子)日本
・ホワイトプラネット フランス・カナダ

●パッケージ説明
パッケージは、セル版とレンタル版で一部分だけ違っていて、全体は同じです。
 
青い海の中。
上部は光が当たっていて明るくなっている。
その光の中、中央部分に、ななめ上を見ている並木浩二(市川海老蔵)の顔。
並木は右手で野球のボールを握り、その手を胸元にあてている。
画面、並木の右側には少し小さく、ななめを向いて遠くを見るような
北勝也(伊勢谷友介)の顔。
その隣には、同じ位の大きさの伊藤伸夫(塩谷瞬)の顔。
口を引き結び、正面を向いている。
画面上部左部分、並木の左には、鳴海美奈子(上野樹里)の顔。
おさげの髪。少し口をあけ、やわらかに上の方を見ている。
 
画面中央から下部分は正面を向いた潜水艦。
並木のボールを握る手のあたりに潜水艦の展望デッキがあり、
甲板には、左右に円柱のような魚雷(回天)が先端部分の球形を
正面に向けている。
 
セル版では、
潜水艦の後ろから並木と鳴海の顔の間を沿うように、
上に向かって細かな泡がたくさん出ている。
レンタル版では、
細かな泡はなく、潜水艦の後ろに爆破の炎がいくつもある。
 
画面下三分の1、潜水艦の正面にかぶるように大きな横書きの白い文字で
タイトル「出口のない海」
 
タイトルの上には、同じく横書きで、タイトルよりはかなり小さな水色の字で
2行に、「海軍が最後に賭けた、最後の極秘作戦-
二度と帰れぬ作戦に、身を投じた若者がいた。」
とある。
 
タイトルの下には、中央揃えにした小さな白い文字で、横書で4行にわたって
キャストとスタッフが記載されている。
1行目
市川海老蔵、伊勢谷京介、上野樹里、塩谷瞬
(市川海老蔵だけが少し大きめの字で書かれている。)
2行目
柏原収史 伊嵜充則 黒田勇樹 平山広行 尾高杏奈/永島敏行 田中実
高橋和也 平泉成/香川照之 古手川祐子 三浦友和
3行目
原作:横山秀夫「出口のない海」(講談社刊)
脚本:山田洋次/冨川元文
監督:佐々部清
4行目
音楽:加羽沢美濃 主題歌:竹内まりや「返信」(ワーナーミュージックジャパン)

●調査隊担当者の感想
第2次大戦の特攻潜水艦回天がテーマの映画ですが、悲惨な戦闘シーンは
あまり出てきませんので、その手の映画が苦手の方も安心して観られます。
逆にやや物足りなく感じる方がいるかも知れませんが・・・。
主君のために自分の命をささげる侍精神が、近代になっても美徳として軍隊
に生き残っていたのでしょうが、人の命を犠牲にする戦争は決して繰り返し
てほしくありませんね。(by YZ)

● DVD調査隊よりお知らせ
 
調査隊では、音声ガイド付きDVDを鑑賞した方々からのご意見、ご感想をお待ち
しております。
 
みなさんからのご意見をもとに、今後への要望も含め、配給会社に届けていきます。
「音声ガイド付きだから、映画をより楽しめた」とか「こんな風にしてもらえた
ら、もっと操作が楽なんだけど」などの要望などを、何でも自由に教えてもらえ
ませんか?
 
ひとりでも多くの人たちからの感想が、製作者側に伝わることによって、
音声ガイドつきの作品を作ってもらうきっかけになれば良いと思いませんか?
 
そして、より操作性の良いDVDが増えていけば嬉しいですよね。
 
その他、この操作レビューに対する、ご意見もお聞かせ頂けると、一同励みにな
りますので、そちらもぜひお願いします。
 
ご意見、ご感想の宛先は
dvd@citylights01.org
までお願いします。
 
みなさんからの、お便りをお待ちしております!
カテゴリー: 操作レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。