アントキノイノチ

2011年/日本映画/131分/ヒューマン
監督・脚本: 瀬々敬久(ぜぜ たかひさ)
出演: 岡田将生(おかだ まさき),榮倉奈々(えいくら なな),
松坂桃李(まつざか とおり),鶴見辰吾(つるみ しんご),
檀れい(だん れい),染谷将太(そめたに しょうた),
柄本明(えもと あきら),吹越満(ふきこし みつる),
宮崎美子(みやざき よしこ),原田泰造(はらだ たいぞう)
価格: 3990円
販売元: ポニーキャニオン
発売予定日: 2012年5月25日

作品紹介:
高校時代の永島杏平(ながしま きょうへい)は被害者でありながら加害者でも
あり、しかし結局は傍観者でしかなかった。彼は高校中退後もうつ病に悩まされ
ていた。父・信介(のぶすけ)の紹介で遺品整理業“クーパーズ”で働くことに
なる。見習いとして働いていくうちに「命」と向き合う現場を体験していく。杏
平はその中でゆきという同い年の女性と知り合う。ゆきもまた、人には言えない
凄惨な過去を持っているのだが……。

ひとこと:
原作はさだまさしさんの同名小説です。「感染列島」「ヘヴンズ ストーリー」
の瀬々敬久監督が映画化しています。それぞれに心に傷を持つ若い男女・岡田将
生さん、榮倉奈々さんが、“遺品整理業”の仕事を通して“生と死”に正面から
向き合い成長していく姿を描いている感動ドラマです。

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。