アイラブユー

製作: 2000年/日本
監督:大澤 豊(おおさわ ゆたか)、米内山明宏(よないやま あきひろ)
原作:  岡崎由紀子(おかざき ゆきこ) 「アイ・ラヴ・ユー」ひくまの出版刊
出演者:忍足亜希子(おしだり あきこ)、田中 実(たなか みのる)、
    岡崎 愛(おかざき あい)、西村 知美(にしむら ともみ)、他
上映時間: 110分
DVD発売日:2002年3月22日
発売元: こぶしプロダクション
販売元: 新日本映画社
規格番号:ESV-22103
(現在はDVD-BOXのみ購入できます)

●概要
静岡市の郊外―――。
ろう者の水越朝子(29)は、消防士の夫・隆一(32)と、おませな小学1年生の娘・愛と3人で、
平凡ながら幸せな生活を送っていた。
隆一も愛も手話は完璧で、特に愛は、耳のきこえない母のために少しでも手助けしようと、
1年生とは思えないくらいしっかりした子どもに育っていた。

そんなある日、思いがけないことが起こった。愛が、学校でいじめられているというのである。
朝子は、愛の授業参観に出掛けて行き、自分をネタにいじめられている愛を見てショックを受ける。
焦る朝子に追い打ちをかけたのは「ママ、どうして学校に来たの!」という愛の一言だった。

「愛、私を恥ずかしいと思っているの?」朝子は愕然とした。
朝子から話を聞いた隆一は、「ママや手話を恥ずかしがっちゃいけない」と愛に話す。
愛の担任は子どもたちに「耳のきこえない人には、思いやりを持ちましょう」と言うが、
朝子が愛に伝えたいものは、「思いやり」や「可哀相」という感情ではなかった。
耳のきこえない母親を持っても幸せだった。
手話ができて楽しいという感情こそ、愛に感じて欲しかったのだ。

朝子は、ろう者劇団に入ることを決意する。
以前から、ろう学校時代の演劇部で一緒にやっていた勝子(29)に誘われていたのだ。
手話の表現力を生かせば、自分たちにしかできない面白い芝居ができる。
朝子は、そのことを愛に実証してみせたかったのである。

<作品情報>
レビュー記事はこちら
購入:DVDBOX化 レンタル版:レンタル無し 公式ページ:公式HP

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。