ぼくはうみがみたくなりました

 11月の音声ガイド付きDVD発売情報をお届けします。
 2本の音声ガイド付きDVDが発売になります。
そのうちの1本が「ぼくはうみがみたくなりました」です。
音声ガイドはシティライツ版、特典映像にもガイドが付いているそうです。
これはいろいろな意味で必見ですね。
では、以下、作品情報です。

タイトル: ぼくはうみがみたくなりました
製作国: 日本
製作年: 2009年
配給: 「ぼくはうみがみたくなりました」製作実行委員会
監督: 福田是久(ふくだ これひさ)
出演: 大塚ちひろ(おおつか ちひろ)、伊藤祐貴(いとう ゆうき)、
石井めぐみ(いしい めぐみ)、秋野太作(あきの たいさく)、
大森暁美(おおもり あけみ)、小林裕吉(こばやし ゆうきち)、
松嶋初音(まつしま はつね)、ピエール瀧(ぴえーる たき・友情出演)
DVD発売日: 2010年11月17日
販売元: 日本コロムビア
時間: 103分
販売価格: 3990円
【内容紹介】
脚本家の山下久仁明(やました くにあき)が、
実際に自閉症の子を持つ親としての経験を通して
多くの人に自閉症への理解を深めてほしいとの願いから原作を書き下ろし、
映画化を実現させたヒューマン・ドラマ。
自閉症の青年と看護学生の偶然の出会いから生まれる様々な人々との
心の触れ合いを温かく描き出す。

<ストーリー>
自分を見失いかけていた看護学生の明日美(大塚ちひろ)は、ある日のこと、
愛車の黄色いステップワゴンを見つめている青年・淳一(伊藤祐貴)に声をかける。
高校時代に好意を寄せていた同級生に面影が似ていたからだ。
明日美の誘いを断るわけでもなく、助手席に乗り込んできた淳一とともに、
二人は海へと向かう。
しかし、彼の言動は少し変だ。いや、少しどころじゃない。どう考えてもおかしい…。
偶然からはじまったドライブは、旅先で出会う人々を巻き込みながら、たくさんの驚きと
ささやかな幸福を明日美にもたらすことに。

<作品情報>
レビュー記事はこちら
購入:アマゾンで購入 レンタル版:レンタル版なし 公式ページ:公式HP

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。