ベルナのしっぽ

監督: 山口晃二
制作: ティー・オー・ピー
制作国: 日本
配給: シネカノンパブリッシャーズ
出演:  白石美帆, 田辺誠一, 市毛良枝, 板谷由夏, 根岸季衣
DVD発売日: 2008年02月29日
時間: 102 分
販売元: ポニーキャニオン
ディスク枚数: 1
ジャンル:ヒューマン

作品紹介:
“心の目”で我が子を育てた全盲女性と
それを支えた盲導犬・ベルナの触れ合いを描いた感動の実話。
盲目でありながら普通に生きることを切実に願う女性を白石美帆が好演。
原作は、70万部超の発行部数を記録した郡司ななえの同名ノンフィクション。
監督は、『学校の怪談』シリーズや『ウォーターボーイズ』など数々の作品で助監督をつとめ、
本作が劇場用長編映画初監督となる山口晃二。
脚本は『金融腐蝕列島 呪縛』で日本アカデミー優秀脚本賞などを受賞した鈴木智が担当。

数多くのヒット曲をもつ日本屈指の女性シンガー・ソングライター、
広瀬香美さんが本作のために書き下ろした主題歌『情熱+』も話題。
思わず口ずさみたくなる親しみやすいメロディーに、
生きていくことがうれしくなるようなポジティブなメッセージ。
作品の世界観を100%引き出したその仕上がりは、観客の心を強く揺さぶるはず。

ひとこと:
盲導犬とのふれあいを通じて自らも成長し、
ともに未来を切りひらこうとした一人の女性を、さりげなくも温かい視線で描いた
ヒューマン・ドラマ。
舞台は、まだ「バリアフリー」という言葉すらなかった昭和50年代半ば。
目の不自由なしずく夫妻のもとに、ベルナという名の新しい家族がやってくるところから、
ストーリーは紡がれていきます。

<ストーリー>
24歳のとき、突然の病で視力を失ってしまった元永しずく。
建築デザイナーになるという夢を絶たれ、暗闇に置き去りにされた彼女の心に
“希望の光”をともしてくれたのは、ベルナという「しっぽ」のある家族だった。

当時、社会は盲導犬について、多くの無知や偏見を抱えていた。
入店を拒むレストランや喫茶店、普通のペットとの違いを理解してくれない近隣住民、
そして心ないイタズラをしかける者たち。そんな困難に直面しながらも、
しずくとベルナは力を合わせ、
「自分たちで子供を持ち、育てる」という夢を実現させていく。

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。