利休にたずねよ

タイトル: 利休にたずねよ
製作国: 日本
製作年: 2013
配給: 東映
監督: 田中光敏(たなか みつとし)
出演: 市川海老蔵(いちかわ えびぞう)、中谷美紀(なかたに みき)、
伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)、大森南朋(おおもり なお)、他
DVD発売日: 6月13日
販売価格: 4014円
販売元: キングレコード
時間: 123分

● 解説
美は、私が決めること。「茶ノ湯天下一」と謳われた天才・千利休の“美意識”
と“茶の大成”。天下人、策略家、師、弟子、そして妻・・・利休をとりまく人
々との交わりの中で明かされていくのは、茶聖としての姿ではなく、美を追求す
る“情熱の人”千利休としての意外な姿だった。
日本芸術史上唯一の殉職である、利休切腹。その真相とは?

<ストーリー>
雷鳴がとどろく雨嵐の早朝、3千もの兵に取り囲まれた利休屋敷。太閤・豊臣秀
吉(大森南朋)の命により、今まさに希代の茶人・千利休(市川海老蔵)は自ら
の腹に刃を立てようとしていた。死に向かう夫に対して妻・宗恩(中谷美紀)が
たずねる。「あなた様にはずっと想い人がいらっしゃったのでは…」その言葉が、
利休の胸中に秘められた、遠い時代の記憶を蘇らせていく。
原作は、確かな時代考証に基づく斬新な切り口で、希代の茶人の出発点を浮き彫
りにした、山本兼一の「利休にたずねよ」。もはや歴史小説の枠を超え、第140
回直木賞を受賞した傑作が今、長編映画として新たな生命を宿した。主人公・千
利休を演じるのは市川海老蔵。利休を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。
利休に惚れ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。利休への愛憎をあらわにす
る天下人・豊臣秀吉に大森南朋。そして利休の師・武野紹?を市川團十郎が演じ
る。“人間・利休”が遺した謎と、生涯にわたり秘め続けた恋。今まで全く見た
ことのない斬新な利休像が誕生した。

カテゴリー: 作品紹介   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。